【ほん怖】前々から出ると有名だった病院の個室

評価 評価 評価 評価 評価
スポンサードリンク

  • 私は病院で看護助手の仕事をしています。

    病棟に個室が2つしかなく、
    その一つの個室は前々から出ると有名だった。


    私も見てはいないが、
    掃除に入っても扉は閉めたくないなってくらいの嫌な雰囲気は感じてた。

    ある日、その個室にお坊さんが腰椎圧迫骨折で入院してきました。


    年は高齢と言う訳でもないので認知等はなく、
    しっかり受け答えされてました。


    入院して3~4日経った日の夜中、


    入院時は寝返りをうつのもやっとな感じで痛そうにしていたのに、
    その患者さんが部屋の前に立っていたそうです。


    看護師のSさんが驚き
    「どうしたの?」
    と聞くと、


    「今部屋に誰か来たから、誰が来たか見に来た」
    と答えたそうです。


    Sさんが
    「誰も居ないよ。腰痛くない?とりあえずベッドに戻ろうか」
    と促すと、大人しくベッドに戻ってくれた。


    しかしその後、座ったり、車椅子に乗ったり、
    オムツを外したりと、絶対安静なのに大人しくしてくれない。


    Sさんが質問しても、
    「車は迎えに来ましたか?」
    「あそこに行けば大丈夫ですよ」
    と全く会話にならない。


    朝になりやっと眠ったそうで、
    日勤者が来た時はベッドで眠っていました。


    申し送りでそれを聞き驚きましたが、
    その姿を見ていないので一時的におかしくなったのかな?と思っていました。


    昼前に叫んでる声が聞こえたので、
    その時一緒にいたMちゃんと見に行くと、
    その患者さんがベッド柵を外し、座って何か叫んでいました。


    私が
    「どうしたの?」
    と聞くと、壁を指差し、


    「そこに墓があるやろ?そこの墓に線香あげてあげやなあかん」
    と言います。


    「そこは壁だよ、お墓は無いよ。ベッドで横になろう?」
    と肩に手をかけ促すと、


    「お父さんの言う事がきけないのか!!」
    と怒鳴られ、手を叩かれました。
    (この患者さんは独身で子供はいません)


    Mちゃんが後ろから体を引っ張り私が足を持ってベッドに寝かせ、
    部屋持ちの看護師さんに報告をしましたが、
    患者さんの家族(母親)から抑制許可を貰っていないので、
    母親が来ないとどうしようも無いとの事で、


    起き上がる度にベッドに戻してました。


    翌日の朝来ると手を抑制されていたので、
    抑制許可が貰えたんだと安心しましたが、
    昼過ぎに様子を見ると、
    上手に抑制帯を外しベッドで正座してお経を唱えてる。
    (パートのおばちゃんが浄土真宗だろうと言っていた)


    抑制帯を上手に外す人は何人も見てきたので、
    この人もそういうのが得意な人なんだと思い、横にしてまた抑制した。


    が、何度抑制しても外してベッドで正座してお経を唱えたり、
    何かを叫んだり…入院してきた時とは全く別人になっていた。


    顔つきも変わって、来た時は優しい顔してたが、
    たった数日で目はつり上がって口は常に開いてるようになってしまった。


    脳に何かしらの異常があるかもしれないとなり、
    先生の指示でCT、MRIをとった。


    脳には何の異常も無いがうちの病院ではみれないとの判断で、
    転院先を探し15件にお願いしたものの全て受け入れ拒否。


    その後も受け入れ先を探したがどこも受け入れてもらえず、
    叫ぶ事もなくなり目は虚ろで口は常に開いて喋りもしなく、
    朝昼は口にご飯を入れても飲み込みもしないようになってしまった。
    (晩ご飯は、ご飯を見るとがっついているそう)


    たった数日でこんなに変わってしまった人は初めて見たのと、
    調べても異常がないのにこうなってしまった事にほんのり。


    部屋にきた何かが憑いてしまったのかな…
    払うためにお経をよんでたなら私は邪魔した事になるのかな…

  • 評価

  • 前々から出ると有名だった病院の個室 の評価は
    0.00 /5 point(0人が評価)
    ( 調べ)
    クリックして評価をしよう!
  • スポンサードリンク
  • コメント

  • コメントはまだ投稿されていません
      前々から出ると有名だった病院の個室 についての感想や真相の解明など自由にコメントしていってください。お待ちしております。
    • 名前(省略可):
    • 本文:

    • 半角文字列だけの入力はできません。
  • このほんのりと怖い話を見た人はこちらも見ています

New

新着コメント