【ほん怖】実家へ帰省

評価 評価 評価 評価 評価
スポンサードリンク

  • ほんの3日前の話です。

    正月、実家へ帰省しました。ところが、実家に着いたら、

    「ただいまー。おかあさーん…」
    「あの、どちらさまで?」
    「何言ってんの…。私。○美」

    まるっきり他人の目で見ている母。お兄ちゃんが出てきて、気付くかと思いきや、「何?なんなの」って。

    運転免許証見せても2人は不審な顔をするばかりで、ぜんぜん気付いてもらえない。どうして?何で?結局、らちが明かないので引き返し、泣きながら考えた。

    正月だからホテルとかいっぱいだし、近くにはない。やがて、小学校時代の親友の家を訪ねる事にしました。親友はいなかったけど、おばさんは元気で私のことを覚えていてくれた。

    事の次第を話すと大変びっくりしたけど、「とにかく、今日はもう遅いから明日おばさんと一緒にいこ」と言ってくれた。その夜は安堵と疑問でゴチャゴチャして、なかなか眠れませんでした。

    翌朝、見回すとおばさんはいなくて、先に実家に行ったのかなと思い、私も行きました。
    (鍵は田舎なのでネジをとめるだけでした)

    こわごわと実家に行くと、おばさんはおらず、かわりに母がいました。私を見ると、

    「アンタ!何してたの!」
    「えっ…」

    「昨日帰ってくるって言ったでしょ!だのにいくら待っても来ないから、えらく心配したがな!」
    「え?え?だって昨日行ったら…」

    「一日中いたけど、誰もこんかったわ」

    もう頭の中が真っ白です。壮大などっきりに引っかかった気分で、ボーっとしていると、

    「それで、アンタ昨日はどうしてたの」
    「え、○○ちゃんとこに泊まらせてもらって…」

    「ちょっと。やめて」
    「え」

    「あそこ、おととし火事で燃えちゃったのよ。泊まれるわけないでしょ」

    そんな。昨日は確かに泊まった。おばさんだって…。

    「その火事で○○さん(おばさん)が亡くなったのよ」

    今、実家でこれを書いています。いまだに信じられません。なお、その後もう一度行ってみたら、全然別の家が建っていました。もちろん、おばさんはいませんでした。



    続報、と言っていいのか分かりませんが。

    あのあと、再び今の住居に戻ってくる際に、卒業文集の電話番号などをメモって、親友(おばさんの娘さん)に1度連絡を取ろうと思いました。結果は、半ば予期したとおり行方不明。

    おじさん、つまり父親はずいぶん前に離婚したあと、借金で自殺しています。何より衝撃だったのは、墓や葬式の記録といったものが一切なく、部分的にとは言え、ひとつの家族の存在が抹消されたことになります。

    そんな中で、どうしておばさんは私の前に現れたのでしょうか…。

  • 評価

  • 実家へ帰省 の評価は
    3.00 /5 point(1人が評価)
    ( 調べ)
    クリックして評価をしよう!
  • スポンサードリンク
  • コメント

  • 1:

    名無し

    2016/10/25(火) 17:28:34

    おばさん良い人かと思ったけど・・・、よく考えたら最初に家族から他人扱いされたのってなんだったんでしょうね。
    おばさんが家に誘い出すため?にしては何もせずに翌朝は消えてるし。
    主人公はどこか他の世界に紛れ込んでしまったのかもしれませんね。

      実家へ帰省 についての感想や真相の解明など自由にコメントしていってください。お待ちしております。
    • 名前(省略可):
    • 本文:

    • 半角文字列だけの入力はできません。
  • このほんのりと怖い話を見た人はこちらも見ています

New

新着コメント