【ほん怖】決別

評価 評価 評価 評価 評価
スポンサードリンク

  • 私がまだ子どもだった頃の話。

    クラスの友達以外にも、放課後一緒に遊ぶ友達がいた。

    いろんな話をしたし、泥まみれになって遊んだりもした。

    当時の私はなんでもできてIQも凄く高かったらしい。
    (30の今じゃ120ちょいしかないニートだが)

    私はクラスで浮いていたらしく、教師も手を焼いていたらしい。


    そんな私の心の拠り所的存在だったその友人は、いつだって私に優しく接してくれていた。


    そんなある日、私は精神科に連れて行かれた。

    教師から親へ、


    『一人きりなのに誰かと遊んでいるような態度をとっている』


    との忠告(小言?)がいったらしい。


    「いったい放課後に誰と遊んでいたの?」


    と医師に聞かれたとき、その子の事が何も思い出せない事に気が付いた。


    『○○ちゃん』


    と呼んでいたはずの名前も、可愛いと感じていた顔も、その子の性別すらも、まったく何もわからなかった。


    呆然とした私を見て、医師は
    「子供には良くあること」
    と親に説明していた。


    その翌日、怯え半々で放課後その友達と待ち合わせにしていた所に行った。


    いつもはすぐに来てくれるのに、何時まで経っても来てくれなかった。


    痺れをきたして帰ろうとしたとき、
    「バイバイ」
    と声がした。


    え?と思って振り返っても誰もいない。


    でも、何かが終わったことが、子供心にハッキリとわかった。


    実際、それからその子には二度と会えないまま。


    あれは私の妄想だったのか、それとも学校の何かだったのか、未だにわからない。

  • 評価

  • 決別 の評価は
    1.00 /5 point(1人が評価)
    ( 調べ)
    クリックして評価をしよう!
  • スポンサードリンク
  • コメント

  • 1:

    名無し

    2016/10/25(火) 17:11:12

    イマジナリーフレンドって言って空想の友達と遊ぶ時期が子供にはある。発達過程の一種で別に病気とかではない。多分それだろうね。

      決別 についての感想や真相の解明など自由にコメントしていってください。お待ちしております。
    • 名前(省略可):
    • 本文:

    • 半角文字列だけの入力はできません。
  • このほんのりと怖い話を見た人はこちらも見ています

New

新着コメント