【じわ怖】通化事件の後

評価 評価 評価 評価 評価
スポンサードリンク


  • 中国で捕虜になっていたじいちゃんの話。

    通化事件の後、じいちゃんを含む日本人の捕虜は、
    日本人の遺体を穴を掘って埋める作業をさせられていた。

    朝から夜まで作業は続き、
    休んだり気を抜いたりすると
    監視役の中国兵から暴行を受けるのは普通だったらしい。





    じいちゃんの班の監視役の中国兵は、
    日本兵から取った軍刀を持って見回りをしていて、
    いつ切られるかと怯えながら、
    異臭が漂う中黙々と作業をこなすしかなかったらしい。

    ある晩、じいちゃんの班の仲間が、
    過労に耐えかねて立ったまま寝てしまった。

    それを見つけた監視役の中国兵は、
    じいちゃんの班を整列させて、
    散々罵った後に全員切ると言って刀を抜いた。

    もう終わったと思い観念して目をつむったが、
    誰の断末魔も聞こえない。

    何故かと思い顔を上げると、
    監視役の中国兵が刀を抜いたまま固まっていた。

    不思議に思って眺めていると、
    中国兵は刀を落として官舎へ戻って行った。

    良かった助かったと班の仲間と喜んでいると、
    他の班の日本人達がかけよってきて、

    「お前たちの掘っていた後ろの墓穴から鬼火が出とった」

    と口々に言われたらしい。

    戦場じゃ不思議なことが起こるんじゃと笑って話していた。

  • 評価

  • 通化事件の後 の評価は
    0.00 /5 point(0人が評価)
    ( 調べ)
    クリックして評価をしよう!
  • スポンサードリンク
  • コメント

  • コメントはまだ投稿されていません
      通化事件の後 についての感想や真相の解明など自由にコメントしていってください。お待ちしております。
    • 名前(省略可):
    • 本文:

    • 半角文字列だけの入力はできません。
  • このじわじわ来る怖い話を見た人はこちらも見ています

New

新着コメント