【意味怖】B君

評価 評価 評価 評価 評価
スポンサードリンク

  • ある日の夕方。 
    僕が自分の部屋で本を読んでいると、突然窓をバンバン!と叩く音がした。 
    びっくりして振り返ると、友達のB君が興奮しながら窓を叩いていた。
     
    「A君!開けて開けて!!」 

    僕が慌てて窓を開けると同時に、物凄い勢いでB君が話し出す。 

    「あのさ、ついさっきの話なんだけど!!」
    「ちょ、ちょっとB君、その前にさ…」

    「まあ聞けって。さっき自転車乗ってたんだよ。河原走ってて」
    「…うん」

    「暫く走ってて、何かおかしいな~って思って自転車降りたらさ…」
    「どうしたの?」

    「自転車のチェーンかけたまんまだったんだよ」
    「え?」

    「だから、チェーンがかかってて、タイヤが回らなかったの」
    「…?それでどうやって走れるの?」

    「分かんないよ。その時までは走れたんだよ。でもさ、その後はだめだった」
    「だめって?」

    「チェーンかかってるって事に気付いたら、走れなくなっちゃった」
    「そうなんだ…」

    「無意識だからできたのかなぁ…。あ、A君さっき何か言いかけてなかった?」
    「え?!…あ、うん…あのさ…」

    「?」
    「…ここ、5階なんだけど、B君どうやってそこに立ってるの?」

    B君の解説


    この話の不思議な部分は、驚いた話をするB君がそもそもなぜ5階の窓の前に立っているのかという点。

    単純に考えればB君はすでに亡くなっているとか、幽体離脱しているのかと思うところ。
    だがこの話の問題点はそこではない。

    チェーンがかかっていてタイヤは回らないはずなのに自転車に乗れていたというB君。
    チェーンに気づくと走れなくなってしまった。

    つまりB君には「無意識だと使えるが意識すると使えなくなってしまう超能力」を持っているということになる。

    そして無意識に5階に浮かんでいるB君がその状況を知ってしまったとき、彼はどうなるか。
    おそらく能力は使えなくなってしまい地面に叩きつけられてしまうだろう。
  • 評価

  • B君 の評価は
    5.00 /5 point(5人が評価)
    ( 調べ)
    クリックして評価をしよう!
  • スポンサードリンク
  • コメント

  • コメントはまだ投稿されていません
      B君 についての感想や真相の解明など自由にコメントしていってください。お待ちしております。
    • 名前(省略可):
    • 本文:

    • 半角文字列だけの入力はできません。
  • この意味が分かると怖い話を見た人はこちらも見ています

New

新着コメント