【意味怖】家族を消して

評価 評価 評価 評価 評価
スポンサードリンク

  • 少女のところにお星さまが降り立ちました。

    「なんでも一つ願いをかなえてあげよう」
    お星さまはいいました。

    少女は泣いていました。
    「家族を消してちょうだい!あんな家族、まっぴらよ!」

    次の日、少女が目を覚まして一階へおりると、いつものようにおかあさんとおとうさんとおにいちゃんがいました。
    少女は後悔しました。

    その夜、再びお星さまは少女の目の前にあらわれました。
    「気に入ってもらえたかな」

    少女はいいました。
    「昨日のおねがいをとりけしてちょうだい」

    お星さまはいいました。
    「一度かなえたおねがいはとりけせないよ」

    少女は泣きました。

    家族を消しての解説


    お星さまは少女の願いを本当に叶えてくれた。
    しかし家族は消えていなかった。

    その理由は少女と一緒に住んでいる家族は本当の家族ではなかった、つまり血の繋がっていないのだ。
    経緯まではわからないがおそらく養子かなにかだろう。

    そして事実を知ってしまった少女は血の繋がった本当の家族が消えてしまったと悟った。

    少女の涙は本当の家族を消してしまったからだろうか、それともこれまで育ててくれた偽りの家族に対して罪悪感を感じたからだろうか。
  • 評価

  • 家族を消して の評価は
    5.00 /5 point(6人が評価)
    ( 調べ)
    クリックして評価をしよう!
  • スポンサードリンク
  • コメント

  • コメントはまだ投稿されていません
      家族を消して についての感想や真相の解明など自由にコメントしていってください。お待ちしております。
    • 名前(省略可):
    • 本文:

    • 半角文字列だけの入力はできません。
  • この意味が分かると怖い話を見た人はこちらも見ています

New

新着コメント