ダークモード

【洒落怖】山間で日陰になっていた川

118

1

0

  • 高校生の頃の話です。

    当時、和食屋でバイトをしていたんですが、
    バイト仲間には自分含めバイク乗りが多く、
    しょっちゅう大人数で遊んでいました。

    バイトが終わる夜中から、
    数台の車と排気量様々なバイクを乗り回し、
    肝試しや花火などしてはバカ騒ぎしていました。

    そのうち、400ccの中型バイク乗り同士が特に仲良くなり、
    バイトが無い日も峠に走りに行くようになりました。

    あの日は夏真っ盛りの猛暑の日でした。

    日中から正丸峠に行こうとなり、
    4人で走りに行くことになりました。



    正丸、奥多摩はしょっちゅう走りや肝試しに行っていたので、
    軽い暇つぶし感覚でした。

    確かその日は、
    今まで走ったことのない旧道に行ってみようとなり、
    やけに細く曲がりくねった道を走ったのを覚えています。

    不慣れな初見の道というのもあり、
    あまり飛ばせずそろそろと走り、
    頂上辺りでタバコを吸って下らない会話をし
    帰路につく事に。

    来た道を戻り、
    走り慣れたいつもの道に出ましたが、
    この辺から記憶が薄れています。

    いや、記憶はあるのですが、
    ただただ暑く、
    異常な喉の渇きを感じながら前を走る友人のバイクを追う。

    そんな記憶しかありません。

    大概は悪ふざけをしたり、
    蛇行したりするのですが、
    ただもくもくと1列に並び走っていました。

    皆軽い脱水症状だったのかもしれません。

    ふと先頭を走る一台が、
    反対車線にある白砂利が敷き詰められたスペースに入りました。

    それに続き皆が右折する形で白砂利のスペースへ流れ込み、
    バイクを降りました。

    自販機も日陰もないこんなスペースに急にどうした?と、
    仲間の一人が話しかけると、
    先頭を走っていた友人が、
    暑いから川に入ろうと言うのです。

    見ると白砂利の先は斜面になっており、
    下には川が流れていました。

    川は山間で日陰になっており、
    大きな岩がありました。

    皆暑かったのは同じなようで、
    さっそく斜面を降り始めました。

    斜面を降りる途中、
    白砂利のスペースからは見えませんでしたが
    小さな畑がありました。

    色とりどりの野菜が実っていて、
    畑の真ん中におじいさんが腰掛けていました。

    クワかスキを肩に掛けていたような気がします。

    私たちは川に入りたいので
    畑を横切らせて下さいと頭を下げると、
    おじいさんはとても穏やかな表情で頷いてくれました。

    私たちも軽く一礼して畑を横切り、
    大きな岩の上で服を脱ぎ川へ飛び込みました。

    川は冷たく、
    火照った体にはとても気持ちよかったです。

    水を掛け合ったり潜ったり、
    とても綺麗な水だったので
    飲んだりもしたかもしれません。

    もっと上流まで泳いでみようか、
    なんて話をしていた時、
    仲間の1人の様子がおかしい事に気付きました。

    真っ青な顔をして震えているんです。

    表情は強張り、
    ガタガタ震えながら寒い寒いと連呼していました。

    確かに川の水は真夏でも冷たく、
    初めこそ身の引き締まる冷たさですが、
    友人の1人はまるで真冬の雪の中に裸でいるかのような震え方でした。

    じゃあ上流探検はやめて、
    そろそろ上がろうとなり、
    陸地に向かおうとした時。

    なぜか川に入らずにいた友人に
    せっかくだからと岩の上から写真を撮ってもらいました。

    そして何事もなく帰路につきました。

    数日後、現像した写真ができたので見ていると、
    1枚の写真に目が止まりました。

    あの時の川での写真です。

    中央に写る震える友人と、
    1メートルほど左右に離れた私ともう一人。

    よく見ると震える友人の後ろに
    もう一つシルエットが写っています。

    重なって写っているようで、
    友人の体のラインからはみ出る体がはっきり写っており、
    足も写っていました。

    パッと見ると、友人の足が3本あり、
    体がひと回り太ったように見えました。

    その事を本人に伝えたのですが、
    足が消えてるなら怖いが、
    気にも留めない感じでした。

    まぁ察しは付いているかと思いますが、
    それから数週間後、
    その友人は正丸で大事故を起こしてしまいました。

    対向の四輪と正面衝突だったそうです。

    今思えばあの日、旧道を出てから
    自分達以外の車やバイクを見なかったような気がします。

    川に入っている時も、
    すぐ上は走り屋御用達の国道なのに、
    川のせせらぎ以外は無音だった気もします。

    何かに引き寄せられたんですかね。

    自分が経験した唯一の心霊体験です。

  • ツイートする

  • この話は怖かったですか?

    怖かった1

  • コメント

  • コメントはまだ投稿されていません
      山間で日陰になっていた川 についての感想や真相の解明など自由にコメントしていってください。お待ちしております。
    • 名前(省略可):
    • 本文:

    • 半角文字列だけの入力はできません。
  • この話を読んだ人はこちらも読んでいます

  • ※既読の話はオレンジ色の下線が灰色に変わります

  • ここで突然心霊写真クイズ!

New

新着コメント