【洒落怖】冬の間の恐怖

評価 評価 評価 評価 評価

  • 昔、電気もなかった時代。
    冬は、かなりの恐怖に震える季節でした。
    太陽の、当たる時間の方が短いので、
    民衆は悪霊が光を奪っていると思い込み、冬の間
    その恐怖と悶々と闘っていました。
    それもそのはず。
    山等の暮らしには、事故がつきもので、
    冬眠する前の獣が人間を襲うという事も、度々あったそうです。
    雪が降ると雪崩れ等もあります。

    それらを当時の民衆は悪霊の仕業だと思っていました。
    民衆達は太陽の神に頼る事にしました。
    そこで目をつけたのが、冬でも青々としている、
    月桂樹や、もみの木でした。
    その類の木には、精霊等が宿っているとされていたので、
    お供えモノをするようになりました。
    何分、被害にあうのは若い連中ばかりで、
    精霊も若い肉体を欲しがっていると考えられたのです。
    それで、子供を生け贄とし木に吊したんだそうです。
    これがクリスマスツリーの始まりだそうですよ。
    残酷ですね。

  • 評価

  • 冬の間の恐怖 の評価は
    0.00 /5 point(0人が評価)
    ( 調べ)
    クリックして評価をしよう!
  • コメント

  • コメントはまだ投稿されていません
      冬の間の恐怖 についての感想や真相の解明など自由にコメントしていってください。お待ちしております。
    • 名前(省略可):
    • 本文:

    • 半角文字列だけの入力はできません。
  • この洒落にならない怖い話を見た人はこちらも見ています

広告

スポンサードリンク

New

新着コメント