【洒落怖】モヤ

評価 評価 評価 評価 評価

  • 現在、俺は施設に勤めてる。
    すぐとなりは精神病院でそこが親になってるわけだが
    この施設の作りが立方体っていうか
    ちょっと昔の小さい病院ぽいつくりになってる。
    一直線の廊下の両脇に部屋が並ぶ感じで
    両端は非常口になってる3階建てのやつ。
    ここはいわゆる霊道っぽい…
    以前に夜勤の時に片側に洗濯物干すスタンドおいたら
    廊下中がモヤみたいので一杯になった。
    どうやら通行の邪魔だったらしい。
    そんなある日の夜勤の事、
    巡回中にモヤのようなものや
    視界の隅でちょろちょろ動くものが見える…
    まあ、これはいつもの事だがその日はひとつだけ違った。
    子供だ…この施設や隣の病院の性質上年寄りのほうが多い。
    てか子供なんて見たことない。
    (子供はやばいっていうしな…。)

    俺はいつものごとく見えないふり気づかないふりをした。
    巡回が終わり俺は詰め所で夜勤記録を書く…
    カウンターで仕切られてるだけで
    廊下に剥き出しに近い状態だ。
    背を向けるのもいやだったのでチロチロと目だけで
    そっちの方を見てみる。
    女の子だ…5,6歳の…
    それもかなり昔のかっこっぽい
    非常口に近い側でうろうろしている…
    なかなか動こうとしない。
    こっちの様子を伺ってるようだ…。
    (あきらめろ…見えてない…俺は気づいてない…?)
    その瞬間…滑るような速さで子供がこっちに向かう…ものすごい速さだ。
    …テーブルから顔をのぞかせるようにこっちを見ている。
    俺もだ…目を…合わせちまった。
    その子は俺が見えてる事が分かると
    安心したのか廊下にもどりいつのまにか消えていた。
    そして夜勤明け…ボウッとした頭で
    アパートのドアを開けた俺の耳に
    「オ・カ・エ・リ・ナ・サ・イ」
    小さな子供の声が響いた…。
    まあこれが2年位前…。
    ぶっちゃけ俺は離婚暦があり
    ちょうどその位の娘がほんとならいた。
    多分、父親の雰囲気みたいなものがあったんだと思う。
    それからしばらくは姿は見えないが
    傍に置いてたものがいきなり無くなってたり
    訳わからん場所で見つかったりとか続いた。
    PCのモニターに置いてたライターが
    いくら探しても見つからず何日かたってから
    テーブルのど真ん中におかれてたりとか
    あとドアをきちんと閉めなくなった…
    なんでかどこもわずかに開けっ放しで歩くようになった。
    まあ最近はだいぶ収まったのでいなくなったのかなと思うのだが・・・。
    今日、休憩室で一人で休んでいたとき耳元で声がした。
    「チュー」
    不意にズボンのすそがバタバタ動いた…ネズミ???
    どこにもいない…そもそもネズミはチューって鳴かない。
    そいや春からハムスターを飼い出したんだよな…。
    もしかして…まだいるのかな?

  • 評価

  • モヤ の評価は
    0.00 /5 point(0人が評価)
    ( 調べ)
    クリックして評価をしよう!
  • コメント

  • コメントはまだ投稿されていません
      モヤ についての感想や真相の解明など自由にコメントしていってください。お待ちしております。
    • 名前(省略可):
    • 本文:

    • 半角文字列だけの入力はできません。
  • この洒落にならない怖い話を見た人はこちらも見ています

広告

スポンサードリンク

New

新着コメント