【洒落怖】ブラウン管に

評価 評価 評価 評価 評価

  • 家族で鳥取県に旅行に行ったときの話です。

    私が小学生だった頃、私の家族は夏休みに父の実家がある鳥取県に旅行に行くのがお決まりでした。実家に4、5泊した後、温泉旅館に1、2泊というのが多かったと思います。

    話はその温泉旅館での事です。その頃、私は第二次成長期に差し掛かった時期で、家族と一緒なのが嫌だったので先に一人で温泉に入りました。

    (笑一足先に温泉に入った私は両親と弟が温泉に行ってる間、部屋でテレビをみて家族が帰ってくるのを待っていました。時刻は9時頃だったと思います。

    私はテレビに飽きたので持ってきた携帯ゲーム機でもやろうと思いのそのそと四つ足でテレビまで這っていって電源を切りました。その時、何気なく消えたテレビのブラウン管を見た私は自分の目を疑いました。

    テレビの湾曲したブラウン管には魚眼レンズのように部屋のほぼ全体が映っていました。中央には私が映っています。

    その背後。部屋の対角線にあたる角。

    そこに誰かが映っているのです。浴衣姿の女の人でした。

    部屋の隅を向いているので顔は分かりません。しばらく私はテレビの電源を切った四つん這いの姿勢のままで固まっていました。

    何十秒か何分か経ちました。私も背後の浴衣姿の女の人も動いていません。

    その時意識せずに指が動いたのでしょうか。テレビが再びつきました。

    私は金縛りが解けたかのように反射的に振り向きました。……誰もいません。

    部屋の隅には女の人などいませんでした。楽しげなテレビの音が流れ、私はさっきのは現実だったのか分からなくなりました。

    私はもう一度テレビの電源を切りました。何故かは良く分かりません。

    安心して好奇心が出たのかもしれません。さっきのが夢だったという証拠が欲しかったのかもしれません。

    …しかしテレビのブラウン管には、同じように浴衣姿の女の人が映っていました。私は信じられない思いでじっと彼女を見つめました。

    すると彼女の肩が見られているのを感じたかのようにピクリと動きました。……気付かれた!そう思いました。

    そして私は今度こそ泣きそうになってしまいました。その女の人が振り返り始めたのです。

    顔は見たくない!!横顔が見えた瞬間、私は再びテレビの電源を付けました。再度流れ出すテレビの音。

    私は立ち上がってテレビをつけたまま家族のいる温泉に向かおうと思いました。そして私が玄関に向かって一歩を踏み出したのと同時に「ブツッ」と音を立てて勝手にテレビの電源が切れたのです。

    私は脱兎のごとく全速力で部屋から逃げ出しました…。それからはもーちょっと半狂乱だったみたいで(笑あんまり覚えてないんですが服着たまんま温泉に入り込むわ家族には絶対あの部屋には戻らないと泣きわめくはで大変だったみたいです。

    結局部屋を替えて貰い、それでも怖くて私は母の布団で一緒に寝たのでした。それ以来テレビは見てなくてもつけがちな自分…_| ̄|○

  • 評価

  • ブラウン管に の評価は
    0.00 /5 point(0人が評価)
    ( 調べ)
    クリックして評価をしよう!
  • コメント

  • コメントはまだ投稿されていません
      ブラウン管に についての感想や真相の解明など自由にコメントしていってください。お待ちしております。
    • 名前(省略可):
    • 本文:

    • 半角文字列だけの入力はできません。
  • この洒落にならない怖い話を見た人はこちらも見ています

広告

スポンサードリンク

New

新着コメント