蛇を殺しまくっていた。

幾つもある持ち山を毎日、
順繰りに渡り歩き、
植木の剪定に使う大きな裁ち鋏で、
ブツンブツンとメッタ斬りにしていたというから
穏やかな話ではない。

K家の山には
蛇がいないというのが地元の語り草で、
いつか祟りにあうと噂されていた。

しかし、
K祖父は90歳近くまで病気知らずで、
眠るように安らかに息を引き取った。

代替わりしたK父は温厚な性格で、
集落の人々からの信望も厚かった。

しかし、
高校生の息子が新しい噂のタネとなり、
またも集落を騒がすようになった。

祖父と同じく
蛇を殺しに山を回るようになったのだ。

「息子…?」

「俺だよ」

「え…」

「口の悪い奴は
キ○ガイの隔世遺伝なんて言うけどな…」

祖父の死後、
毎日、眠るKさんの周りを
蛇が這い回るようになったという。

最初は幻覚だと思い、
気でも違ったかとも思ったそうだが、
蛇は日毎に増え、
噛まれた歯型も残ったという。

「殺した数だけ減るんだ。
爺さんも悩んでたのかな」

生前は嫌いだった偏屈者の祖父が、
誰にも打ち明けることもなく苦しんでいたかと思うと
不憫に感じたという。

「お父さんは?」

「親父は婿養子だからか平気だったようだ」

「今も殺してるんですか…?」

「今じゃ俺が\"蛇殺し\"って呼ばれてるよ」

Kさんの唯一の救いは
子供がいないことだそうだ。

自分にかかった因縁を諦めながらも、
原因くらいは知りたいと思い、
情報を集めているという。

だから色んな人から
怖い話を聞き漁っている俺にも話してくれたのだろう。

何か情報が入り次第、
連絡を取り合おうと約束をして話は終わった。
" />

【じわ怖】蛇殺し

New

新着コメント