【洒落怖】夏服の少女

評価 評価 評価 評価 評価

  • 前回のお話:降霊会

    女子高に在籍時には、
    色々な怪奇現象にみまわれたんですが、
    その中でも私的に一番怖かった話を…
    或る冬の日、
    隣のクラスと合同で音楽の授業を、
    授業を受けてました。
    クラッシック音楽を聴き、
    その後感想文を書くと云う退屈極まりない時間。
    ふと横を見ると、
    何席か離れたトコロに
    見慣れないコが…
    『隣のクラスのコも大体把握してた筈だったんだけどな~』
    その時は、その位にしか思ってませんでした。
    退屈な授業が終わり、
    もう一度、その席を見ると、
    そのコの姿は既に無く、
    私はもの凄い見落としをしていた事に気付いたんです。

    『あのコ……夏服だった……』
    暫く、寒気が抜けませんでした。
    しかし、これは恐怖の始まりでしかなかったんです。
    その日の晩、私は、
    自室の雨戸を叩く大きな音で目が覚めました。
    ガンガンガンガンガンガンガン!!!!!!
    私の家は、当時平屋で決して広いとは言えないモノでした。
    しかし、誰一人起きて来ないのです。
    その音はどんどん大きくなっていくと云うのに……
    そして雨戸を叩く音が止んだ、その時…
    ヌゥ~と雨戸も窓も通り抜け、
    巨大な顔が現れたのです。
    そう、大会議室で見た、あのコ……
    しかし、ポッカリと穴が開いた様に、
    顔の部分だけ真っ黒で何も見えないのです。
    そういえば、私は彼女の顔を見た覚えが無かった!!
    声を出そうにも、恐怖の余り何も発する事が出来ない!
    巨大な顔との睨めっこは、朝方迄続きました。
    朝になると、巨大な顔は消えました。
    私は、家族に何であんなに大きな音がしたのに、
    誰も来てくれなかったの!と訴えました…が、
    家族は誰もそんな音は聞いていないと云うのです。
    私は一睡もしないまま、学校へ行きました。
    勿論、憑き物落としの親友(Aちゃんとします)に
    助けを求める為でした。
    Aちゃんは、まず部屋の四隅に盛塩をして、
    御神酒をあげて。
    とアドバイスをしてくれました。
    部屋が汚れるから、半紙でもティッシュでも良いから、
    それで塩を包んで輪ゴムで止めれば大丈夫だからと。
    お札を書くのに、何日か掛かるから、
    その間、そうしていれば、
    部屋に入ってこれないからと。
    Aちゃんは学校が終わると、
    すぐに家に帰って御堂にこもり、
    3日程で木製の札を仕上げてくれました。
    「しばらくの間、肌身離さずにしていれば、他の場所に移るから…」
    彼女が言った通り、それからは、
    そういう出来事は無くなりましたが、
    今思い出してもゾッとする出来事でした。
    あの彼女は私に何をして欲しかったんでしょう。
    未だに謎です。

  • 評価

  • 夏服の少女 の評価は
    0.00 /5 point(0人が評価)
    ( 調べ)
    クリックして評価をしよう!
  • コメント

  • コメントはまだ投稿されていません
      夏服の少女 についての感想や真相の解明など自由にコメントしていってください。お待ちしております。
    • 名前(省略可):
    • 本文:

    • 半角文字列だけの入力はできません。
  • この洒落にならない怖い話を見た人はこちらも見ています

広告

スポンサードリンク

New

新着コメント