【洒落怖】部屋の音

評価 評価 評価 評価 評価

  • 聞いた話ですんまそ。
    別に祟られてどうこうって重大な結果には至ってないが、
    聞かされて背筋が薄ら寒くなったお話。
    一人暮らしの人はちょい怖いかも。
    飲みの席で、先輩から聞かされた
    その友人(以下Aさん)のお話。
    今から数年前、大学進学を機に
    一人暮らしを熱烈希望していたAさんは、
    金銭的+通える距離のため反対していた家族との折り合い、
    という意味も含め、
    Aさんの叔父が持っていたアパートの一室を
    紹介してもらうことになった。
    仕送りは最低限、
    あとは自分で何とかしろ、
    が第一条件だったので、兎に角安く、
    と頼んでいたAさんに叔父さんが紹介した部屋は、
    事故物件、ではないものの、曰く有りの部屋。

    Aさんの数代前の住人が、
    メンヘラで最終的には外でだが
    自殺してしまったという所。
    それ以来、借り手が長く居つかず
    放置気味になっていたということだった。
    叔父さんも、
    「お前の希望額だとここしか貸せんのだが…
    正直、あまり勧められんぞ。
    はっきり言うと、俺もこの部屋の空気…っていうのか、
    なんか嫌いなんだよ」
    などと忠告していたが、
    Aさんはなかなか豪気な御仁で、
    「安いにこしたことないし。
    大丈夫だって、俺そういうの気にしないもん」
    と、押し切って住まうこととなった。
    Aさんの自信にもまあ、
    根拠がなくはなかったわけで、
    その亡くなった人も
    この部屋で亡くなったわけじゃないし、
    引き払った借主たちも、別に入院した、とか事故にあった、
    とかきな臭い後日談があったわけじゃない(叔父さん情報)。
    ならば何があったところで…
    と思うに至っても不思議じゃなかったわけで。
    別にそれがどれだけメリットになった、
    ということではないにしろ、
    夢であった気ままな一人暮らしをAさんは手に入れた。
    しかしまあ、実際に住んでみると、
    「不気味」といわれる所以も
    理解できるようなことがあったそうで。
    普段は別段何もないんだけれど、
    時折、部屋がしーんと静まり返っている深夜などに、
    変な音が聞こえてくることがあったという。
    シャリッ、シャリッと、どことなく軽快な、
    何かを擦り合わせるような音がそれ。
    注意していないと聞き漏らすような
    ささやかな音だったけれど、
    時折どこからか聞こえる。
    アパートのほかの住人ではない、ということは、
    以前の住人から相談を受けた叔父さんが確認しているというのに、
    となれば彼の部屋しかありえないわけだが、聞こえてくる。
    初めはAさんも無視していたそうだが、
    その内いくらなんでも気になってきて、
    音の発生源を求めて部屋中をチェックしたりしたそうだ。
    それでも、特に発生源が見つかることなく、
    流石に多少のイライラが募ってきていた頃、
    またある日の深夜、寝ていたら
    シャリッ、シャリッという音が聞こえてきた。
    これまでの経験から、
    あんまりドタバタ騒ぐとその音が止んでしまう、
    ということを学習していたAさん。
    音を立てないようにそろりと寝床を抜け出して、
    兎に角耳を澄まして音の根源を探った。
    結果、その音は、まあよくある話だが、
    彼の部屋の押入れの方から聞こえてきていた。
    流石にぞっとして、
    その日はとっさに部屋の電気を付け、
    深夜ラジオを付け、
    シャリシャリが聞こえなくなったことを
    確認してからそのまま就寝。
    あくる日、これまで何度も調べたはずの
    押入れの再調査を図ることとした。
    次の日、叔父を呼んで事情説明、
    二人で押入れを見てみることに。
    とはいえ、開けてみても
    Aさんの僅かばかりの荷物が納まっているだけで、
    別段怪しいものはない…
    意を決して、荷物を全て出し、
    潜り込んで調べてみることに。
    すると、あちこちいじってみた結果、
    意外なものが見つかった。
    Aさんの部屋は、
    2階建てアパートの2階の一室。
    その押入れの上の段、
    その天井はベニヤの合板を釘で打ちつけたもので、
    普通は取れるようになっていない。
    その上は、誰も立ち入ることのない屋根裏だ。
    押入れをよく調べると、
    その天井のベニヤの一端が、
    釘が抜かれてポッコリと外れるようになっていた。
    普段はうまいことにかっちりとはめ込んで、
    取れないようにしていたらしかった。
    意味深なその板を外しても、
    頭を入れることすら出来ないような小さなスペース。
    それでも、Aさんも内心どきどきしながら、
    手を突っ込んでがさごそと漁ってみた。
    すると、なにやら手に触れる、
    大きくはないが硬くて重い感触。
    意を決して引っ張り出してみた。
    Aさんの手に握られて出てきたのは、
    ハサミだった。
    大振りの裁縫とかに使う裁断用の鉄バサミ。
    刃の部分は赤茶けてすっかり錆びていて、
    ぼろぼろの様相だったが、
    そこで叔父さんは気付いてしまった。
    「おい、A…これ…
    錆びてるの、きっと血のせいだよ…。
    うん、間違いない」
    顔を真っ青にした叔父さんからそう言われて、
    さすがのAさんもブルって
    そのハサミを取り落としてしまったそうな。
    叔父さんからの事情説明が始まった。
    件の、自殺してしまったこの部屋のもと住人の話だ。
    そのメンヘルさんは、
    結構長いこと心を患っていて、
    自傷癖があったそうで。
    メンヘルさんのご家族もそう遠くないところに住んでいて、
    ちょくちょく面倒を見に来ていたそうだが、
    自傷を止めようとしないメンヘルさんを止めるために、
    家中の刃物という刃物を取り上げていたらしい。
    それでも、取り上げるたびに
    また自分で買って自傷し、
    それをまた取り上げる、という悪循環。
    家に連れ戻そうにも、
    そうしようとすると暴れて手が付けられなくなり、
    仕方なく、離れて暮らしながらも
    ちょくちょく訪れては見守る、
    という生活をしていたらしい。
    そうこうしているうちに、
    メンヘルさんは自殺。
    その人の荷物は全て、
    家族が来て引き払ってそれっきり…
    という話だったそうで。
    でも、どうやらメンヘルさん、
    家族に取り上げられないため、
    こっそりこのハサミはここに隠していた。
    他は取り上げられても、これだけは…
    そんなことだったんじゃないかと、
    叔父さんは語った。
    後になってみれば、
    あのシャリシャリという音は、
    ハサミを打ち鳴らすシャキリ、シャキリという
    2枚の刃の擦れる音だと思うと納得がいった。
    その刃で後の住民が傷つけられることはなかったが、
    外で亡くなったメンヘルさんの浮かばれぬ霊魂が、
    この部屋に帰ってきては押入れのハサミを取り出し、
    自傷に耽っていたのではないか…
    そう考えてしまい、
    Aさんもこの時は強い恐怖に襲われたという。
    その後、ハサミは叔父さんの手で
    メンヘルさんのご家族の手に還され、供養されたとか。
    Aさんは、怪異の起きなくなった件の部屋で、
    大学卒業まで暮らしたというお話ですた。
    以上でオシマイ。
    押入れの屋根裏を開けるシチュで、
    呪怨思い出してよくAさん手ぇ突っ込んだなー…
    とか変な関心をした記憶あり。
    俺だったら叔父さんにやらせる…w

  • 評価

  • 部屋の音 の評価は
    0.00 /5 point(0人が評価)
    ( 調べ)
    クリックして評価をしよう!
  • コメント

  • コメントはまだ投稿されていません
      部屋の音 についての感想や真相の解明など自由にコメントしていってください。お待ちしております。
    • 名前(省略可):
    • 本文:

    • 半角文字列だけの入力はできません。
  • この洒落にならない怖い話を見た人はこちらも見ています

広告

スポンサードリンク

New

新着コメント