【洒落怖】お寺で鬼ごっこ

評価 評価 評価 評価 評価

  • 父の実家がド田舎にあるボロ寺。
    で、子供の頃、
    夏休みに遊びに行ったときの話。
    私たち兄弟(姉・兄・私)と
    従兄妹(兄・妹)は、夏の間中
    おみど(御御堂=お堂ね)で
    座布団投げやかくれんぼを毎日のようにしていた。
    ある夜、いつものようにかくれんぼをしていた。
    鬼は姉で、
    一番年下でまだ幼かった私は
    最年長の従兄と一緒に隠れていた。
    座布団の入ったダンボールの陰に
    二人で息を潜めていた。
    姉は、兄と従姉を先に見つけてしまい、
    残すは私たちだけ。

    ワクテカして待っていると、
    全然違うとこで
    「見つけた!」
    の声。
    二人で
    「?」
    という顔をしていると、
    どたどたと走る音がする。
    続けて三人の追っかけるような
    ワーキャーいう声が、
    電気の点いていない仏像があるとこの奥に行ってしまった。
    これはおかしい、
    どうしようと従兄に言ったが、
    「大丈夫、どうせその内また探しに来るよ」
    と言って動く気が無さそう
    なので、一人では怖い私は
    その場に留まることにした。
    暫くすると従兄の言うとおり
    「どこ行ったー?」
    と言う声と
    一緒に三人は戻ってきた様子で、
    あとは普通に見つかった。
    姉「あんたら別々に隠れとった?よく怖くなかったねーw」
    私「一緒におったよ」
    姉「でもさっきこうちゃん(従兄)だけおったじゃん」
    私「ずっと一緒だったって」
    三人とも坊主にした男の子が見つかって
    逃げ出すのをしっかり見たらしい。
    それを追っかけてる途中で見失ってしまったので、
    明るいところにいるだろう私を先に探して
    戻ってきたそうだ。
    怖かったので暫くは鬼のときも
    従兄と一緒にやるようになりました。
    従兄は全く怖がってなかったけど。
    そんなに珍しいことではないらしい…

  • 評価

  • お寺で鬼ごっこ の評価は
    0.00 /5 point(0人が評価)
    ( 調べ)
    クリックして評価をしよう!
  • コメント

  • コメントはまだ投稿されていません
      お寺で鬼ごっこ についての感想や真相の解明など自由にコメントしていってください。お待ちしております。
    • 名前(省略可):
    • 本文:

    • 半角文字列だけの入力はできません。
  • この洒落にならない怖い話を見た人はこちらも見ています

広告

スポンサードリンク

New

新着コメント