【洒落怖】古本屋で買った小説が・・・

評価 評価 評価 評価 評価

  • だいぶ前、古本屋で面白そうな小説を買った。
    家に帰って、さあ読もうと思ったら、
    ページが引っ付いてて剥がれない。
    そうっと剥がして、何とか開ける事ができた。
    が、中身がおかしい。
    小説などではなかった。
    見たことも無い不気味な花や草木の絵、
    難解な天文学を示したような図、
    意味不明の文字。
    カバーはそのままで、
    中身だけがそんな感じのものだった。
    古本屋で見たときは
    確かに小説だったのに・・・

    めくっていくと、
    最後のページにメモみたいなのが挟まってた。
    それは日本語で、「幻」とだけ書いてあった。
    端っこに血みたいなのも付いてた。
    気持ち悪いから捨てたけど・・・
    ネットが普及して知ったけど・・・
    あれは、まさか・・・

  • 評価

  • 古本屋で買った小説が・・・ の評価は
    0.00 /5 point(0人が評価)
    ( 調べ)
    クリックして評価をしよう!
  • コメント

  • コメントはまだ投稿されていません
      古本屋で買った小説が・・・ についての感想や真相の解明など自由にコメントしていってください。お待ちしております。
    • 名前(省略可):
    • 本文:

    • 半角文字列だけの入力はできません。
  • この洒落にならない怖い話を見た人はこちらも見ています

広告

スポンサードリンク

New

新着コメント