【洒落怖】隣人の奇行

評価 評価 評価 評価 評価

  • 東京の大学に通うために
    一人暮らしをしていたときに体験したこと
    3F建てのアパートの東の角部屋に
    入居することになった
    築年数も浅いし
    なにより安いのと角部屋っていうのに惹かれた
    バイトも近くの飲食店でバイトが決まったし
    はじめての一人暮らしというのもあって
    大学→バイトと忙しい毎日を送っていたけど
    結構充実してた
    そして大学にも慣れてきたある日のこと
    バイトが終わって家に着いて
    時刻は8時30分頃
    シャワー浴びて課題終わらせて
    (飯は飲食店でタダで夕飯は食べてた)
    テレビなんとなく観て0時30分くらい
    になったからもう寝ようとおもって寝た

    すると2時くらいに
    ガチャリとドアの鍵を開けて
    隣の住人が帰ってくる音で目が覚めた
    ずいぶん遅くに帰ってくるんだなと思いつつ
    そのまま目を閉じていると
    隣の部屋からぶつぶつ声が聞こえる
    電話だ。
    声はどうやら女の人のようで
    ときどき大きな声で笑ったり
    またぶつぶつ静かになったかと思うと
    また大声で喋りだしたりしてウルサイ
    高校まで両親と姉と暮らしていたからわかるが
    女ってやつは電話でしゃべるとやけにうるさいもんで
    あんなに大きな声で喋らなくても
    通じるだろうとおもうんだが。
    たぶんみなさんも覚えがあるとおもいますが
    で。結局寝不足で朝・・・
    それがその日だけだったら良かったんだけど
    それから毎晩つづくようになった・・・
    大学→バイト→課題→寝る→二時頃ガチャリ→アハッハ オッホッホ→寝不足→大学
    こんな日々がつづいて
    だんだん疲れが溜まってイライラしてきた
    慣れない都会暮らしだから
    こんな時どうすればいいのかわからないし
    田舎者なので妙に保守的っていうか
    当時は・・東京に出てきたばっかの人ならわかると思うけど
    田舎特有の事なかれ主義ってやつが
    自分にはあったのでうるさいけど我慢してた
    だけどそれから何日かして
    寝不足や疲れがピークに達していた日があった
    一人暮らしはじめたばかりだし
    慣れない生活で精神的にも
    ホームシックぎみだったのかもしれないけど
    イライラして全然眠れなかった。
    なんども寝返りをうっていると
    隣でガチャリと鍵を開ける音がした
    またあの女だ!
    しばらくするとまたいつものように
    しゃべり声が聞こえてきた
    布団をかぶって
    声が聞こえないようにしてもダメ。
    聞こえないようにすると
    逆に意識して声が聞こえるようになる。
    (それにしても何なんだ!こんな時間に!クソ女が!)
    もう自分の中で怒りがおさえきれなくて
    布団のなかでコブシでどんどん叩いてた。
    そしてまた女の笑う声が聞こえて・・
    そこでブチ切れた。
    「てめえこんな時間に電話なんかしてんじゃねえっ!
    何時だとおもってんだ!ねれねえじゃねえか!
    じょうしきわかんねぇのかクソ女!
    まじでいいかげんにしやがれっ!」
    って罵詈雑言を浴びせて
    (多分もっと意味不明のこともいってたかもしれん)
    近くにあった目覚まし時計(押すと光るやつ)
    隣の壁にブン投げた!
    (当然壊れた)
    そしたらシ~ンとしずまりかえってしまって
    何の声もきこえなくなり
    怒ったせいか疲れのせいか
    そのままぐっすり眠ってしまった
    それ以来夜電話する女の声は
    聞こえなくなったのだが・・・
    ちょっと強く言い過ぎたかもしれないけど
    これでゆっくり眠れるな
    隣の女の人にはそのうち会ったら
    「あの時はいいすぎちゃってすみません」
    って言っとけばいいよな、とか思ってた
    その日も疲れてたからすぐに寝た・・
    夜2時30分頃
    ガチャリ・・し~ん・・・
    電話の声はしない
    よかった寝れると思ったが寝れない・・
    なぜか神経がピリピリして眠りにつけない
    自分でも何で眠れないかもわからない。
    ただ・・
    なんかすごく不安で不安で
    その時は眠れなかった
    朝まで布団かぶってた
    自分の部屋の中にいるのにドキドキする。
    今思うと高校の夏休みに東北を原付で
    一人温泉めぐり旅に行ったときの
    シーズンオフのだれもいないキャンプ場で
    テントをはって寝た時のような心細さだった
    眠れない日々はその後もつづいた
    はっきり言って限界だった
    女の電話がしなくなってから
    一週間がすぎたころ
    その日も浅い眠りで夜の2時30分になった
    ガチャリ・・
    女が帰ってきた
    部屋の中を歩く
    のし のし
    って音まで聞こえてくる
    神経が過敏になっている証拠だ
    いかんいかん寝よ寝よ!
    眠れない
    時間ばかりが過ぎる
    イライラして何度も寝返りをうった
    何度目か寝返りをうったとき
    自分の目を疑うようなものを見てしまい
    声もでなかった・・
    南側にベランダがあって(まあ普通は南だが)
    大きな二枚ガラスの引き戸になっている
    それに青いカーテンを閉めていたんだけど
    その青いカーテンの向かって右側の隙間から
    縦に二つ目がのぞいてんだよ!
    ベランダとベランダの間は
    五十センチくらいあいてるんだぜw
    なのに向こうのベランダから体を乗り出して
    グイッってかんじでのぞいてんだよ!
    隣のおんなだよまちがいない!
    もう怖いっていうより
    気持ち悪くって総毛立つって意味が
    ほんとよくわかったよ
    頭から耳にかけげグワワ~~!って
    じ~~~っと覗かれてるのは気づいたけど
    そのまま知らんぷりしてたんだよ
    ほんと気持ち悪かった!
    気持ち悪くて怖くて吐き気がして
    意味も無く体がぶるぶる震えるし
    たまにチラ見すると
    無言でじ~~っと見る視線まじでトラウマ
    布団にくるまって震えて
    4時くらいだったと思うけど
    あの嫌な質感と視線が消えたきがして
    そ~~っと布団の隙間からのぞいたら
    やっといなくなってた・・
    その夜からまた電話の声が聞こえるようになったよ
    ああ夜の2時30分にね
    親に無理言って一週間でそのアパート引っ越したよ
    まだ一ヶ月しか住んでなかったけどもう無理
    今思うと絶対あの女
    あの怒鳴った次の日からあの隙間から覗いてたと思う
    ずっと視線を感じてたから
    本能的に眠れなかったんだと
    もしくは変な呪いでもかけてたのかもしれないけど
    ほんと気味悪い思い出w
    あれ以来、隣人とのトラブルは
    なるべく避けるように努力してるよ

  • 評価

  • 隣人の奇行 の評価は
    1.00 /5 point(1人が評価)
    ( 調べ)
    クリックして評価をしよう!
  • コメント

  • コメントはまだ投稿されていません
      隣人の奇行 についての感想や真相の解明など自由にコメントしていってください。お待ちしております。
    • 名前(省略可):
    • 本文:

    • 半角文字列だけの入力はできません。
  • この洒落にならない怖い話を見た人はこちらも見ています

広告

スポンサードリンク

New

新着コメント