【洒落怖】作品の一部

評価 評価 評価 評価 評価

  • 話しは私が小学校の頃に遡ります…
    当時、高学年だった私は
    しょっちゅう忘れ物をしたものでした。
    そんなある日…
    私は図工の作品を完成させるため
    持って帰って来たものの…
    なぜかその作品の一部が
    無くなっているのに気付いきました。
    学校までも遠かったし、
    普段から面倒臭がりな私は、
    そんな些細な事ならほったらかす…
    というか例えそれ明日が宿題の期限だとしても、
    ほったらかすような人間だったのですが…
    なぜかそれが気になって、しょうがなかった。

    6時までしか
    校舎は開放されていないのを知っていたので、
    急いで学校に向かいました。
    もう6時近くになり
    やっと学校に着いた。
    学校に着いて気付いたのだが
    夕焼けが分厚い曇に覆われて
    不気味な紫色になっていて、
    周囲はいつもより明らかに暗く
    不気味状況だったのを鮮明に覚えている。
    すると、ちょうど先生が
    校舎の出入口を閉めている所だった。
    先生にわけを話して
    なんとか校舎に入れてもらった。
    私は入って早々後悔した…
    そこは人気が全くなく…
    真っ暗で静まりかえった空間だったからだ。
    元々学校は木造の古い学校だった。
    床はひどく痛んでいて、
    歩けばギシギシ音がなった。
    図工室は三階から第二校舎に向かい、
    その奥にある教室だ…。
    第二校舎は昔は普通の教室だったみたいで、
    普段から人気は無く
    大半は倉庫みたいにして使われていた。
    外の天気はあれだしていた。
    窓は風でガタガタ音を立てていた…
    暗闇に目も慣れて来て
    第二校舎の三階にたどり着いた時だった。
    校舎の中なのに私の方に向かって風が吹いていた。
    ガタガタ窓の揺れる音は
    気付いたら無くなっていた。
    聞こえるのは自分の足音だけ…
    風に向かい図工室に向かう
    …ギシギシ…
    ぞくッッッッ!!
    と悪寒を感じると同時に
    後ろに気配を感じた。
    振り返れなかった。
    気配だけじゃなかった…
    ギシギシ音も聞こえた。
    うわぁーッッッッ!!!
    叫んで、とにかく逃げた。
    その足音も私を追い掛けて来ていた…
    と、突然強風が吹いて
    しりもちをついてしまった。
    肩に、すぅ…っと
    手らしきを置かれた、
    恐怖のあまりに
    目をグッとつぶっていたが…
    気が付くと、
    その手を置かれた感覚もなく
    辺りを見回しても何もいなかった…。
    結局、学校では捜し物は見つからなかった。
    学校を出て
    先生に入って来なかったか聞いたが、
    ずっと外で待っていたらしい。
    トボトボ帰っていると…
    校門の付近で探していた作品の一部を発見した。
    なんだ、帰る途中に落としたんだなぁ…
    その時はそう思って片付けた。
    時はたち、
    そして私は母校の小学校の教師になった。
    4年のあの日まで、
    その昔の出来事は忘れていた。
    私は戸締まりの係になっていた。
    最後に学校中を見て周りカギをかける。
    鼻唄混じりに、見回りをして回った。
    風は強く窓はガタガタ揺れていたが、
    私にはなんて事はなかった。
    時刻は6時ほどになっていた。
    気付くと校内は真っ暗になっていた。
    三階の第二校舎…
    あの頃と一緒だ、
    風が吹き込んでいた。
    窓を一つ閉め忘れていたかな?
    と思い廊下が目に入り込んだその時…
    廊下を歩く少年がいた。
    なにやってんだ?
    と話しかけたが
    反応は無く歩いていたので、
    小走りで走り寄ると、
    ダァーッと走り出したので
    追い掛けていると少年は転んだ、
    大丈夫か?
    と話しかけて
    肩に手をやった時に気付いた…
    あの時と同じだ…
    私は思わず少年から逃げてしまった。
    逃げたが…立ち止まり、
    冷静になって考えると、
    ありえないと思い
    少年のとこに戻ったが
    少年は既にいなくなっていた。
    その出来事が気になってしまい…
    今は倉庫になっている、
    昔の図工室に入って見た。
    部屋に入ると
    一つ気になった
    いっぱい小物の詰め込まれた段ボールがあり、
    わけもなく手を突っ込んでみたら…
    一つだけ掴んで取り出した。
    記憶は曖昧だったが…
    おそらくあの作品の一部だろう、
    なぜかそう確信を持てた。
    私は三階の窓から校門に向かってそれを投げた。
    とりあえず、その後、
    少年を探してまわったが、見付からなかった。
    やはりあの少年は私だったのだろうか…
    ただの根拠のない
    不思議体験みたいになってしまいましたf^_^;
    でも、今もその少年は、
    私自身だったのだと
    何の根拠もありませんが思っています。

  • 評価

  • 作品の一部 の評価は
    1.00 /5 point(1人が評価)
    ( 調べ)
    クリックして評価をしよう!
  • コメント

  • コメントはまだ投稿されていません
      作品の一部 についての感想や真相の解明など自由にコメントしていってください。お待ちしております。
    • 名前(省略可):
    • 本文:

    • 半角文字列だけの入力はできません。
  • この洒落にならない怖い話を見た人はこちらも見ています

  • 前:健忘症?

    次:塗り薬

広告

スポンサードリンク

New

新着コメント