【洒落怖】山奥の恐怖

  • 友達のAと趣味の渓流釣りで源流を目指してキャンプ道具を背負いながら泊りがけで釣りに行った時の話しです。

    その日は快晴でとても晴れ晴れしく、このあと起こる背筋も凍るようなあのおぞましい出来事を予見させるべくもなく私たちは意気揚々と渓谷へと足を踏み出したのでした……。渓谷へ足を踏み入れたのも束の間、私たちは命綱であるライターの予備をコンビニで購入すべく下界へと立ち戻ったのでした。

    今となっては第一の悲劇ともいえるべき出来事が渓流の近くにある何の変哲もないコンビニエンスストアで起きたのでした。立ち読みをしている友人Aを尻目に百円ライターを物色していると、渓流釣りの重装備画目に付いたのか、八十にもなろうかというご老人が声をかけてきました。

    「釣りに行くのかぇ?」「そうなんすよ」と答えるとご老人はしわのような糸目をカッと見開き、「塩もってるか?」と言うのでした。はぁ?と思いつつも調理用の予備としてもっててもいいかなぁとそのご老人の言うとおりに博多の塩のビンタイプを購入したのでした。

    買い物も済ませ、いざ渓谷へ再び足を踏み入れ空を眺めると、地平線の切れ目にあやしげな雲行きを確認しつつも私たちはやる気分を押し殺すように源流へ向かって歩き出すのでした。今思えばこのときひきかえしていればあの思い出すのもはばかれるあまりにも恐ろしい惨劇の主人公を演じる事はなかったのに…と友人の位牌の前でいまでもそう思うのでした。

    禁漁からあけたばかりの渓谷は人の気配など皆無で、竿を入れると必ずといっていいほど連れる良型の岩魚に気分をよくしながら友人のAとかわるがわる竿を入れつつ釣りあがって行くと、自分たちより先に渓谷に入ったとおぼしき人が釣りをしています。話しかけると、その人も一人で源流を目指し、一泊の予定で源流釣行に来たということです。

    その人はSといい、大学でロッククライミング部に所属してバリバリナラしたそうで、見るからに筋肉質ですごいガタイをしているのがフィッシングウェザーの上からでもわかるほどでした。年を聞くと自分たちと同い年とわかり意気投合した私とA、知り合ったSの3人は今日からの一泊二日を共にする事になったのでした。

    その日はほんとに爆釣で、大きめにビクにも入りきれないほどの岩魚と、蕨やふきのとうなどの山の幸を収穫しつつ順調につりあがった私たちは、一つ目の魚止めの滝に遭遇しました。本来はここでキャンプを張って一泊する予定だったのですがSというロッククライミングの達人と知り合ってしまったがため、私がAにSもいることだしもっと上に行こうと提案しましたが、Aの顔が急に曇り始めました。

    詳しく問いただすと、コンビニで遭遇した爺さんいわく、この先は「ヤバイ」とのことでした。しかしSのサポートもあってかこの岩壁を先導したSの足らすロープを使い私たちはさらに奥地へと進むことになったのでした。

    魚止めと人止めを兼ねた滝を登りきった私たちはまさに秘境とも言うべき未開に近い渓谷を意気揚々と釣りあがりました。しばらくすると日が暮れ始め、ちょっと開けた場所に出た私たちはそこでキャンプを開くことにしました。

    沢山釣りすぎた岩魚をさしみや塩焼き、岩魚の骨酒などにしたり山菜と、持参した米で作った炊き込みご飯で舌鼓を打った私たちは一休みするとせっかくだから夜釣りに出ようという事になりヘッドライトを使いつつ夜釣りに出る事になりました。今思えばおとなしく寝ていればあのような悲劇には会わなかったと後悔の念に駆られるのでした。

    A「なぁ、木の下にだれかしゃがんでない?」確かになにかがいます。ぼさぼさの白髪頭のおばあさんでした。

    ありえません…こんな山奥にこんな時間に……と思ったのも束の間、見てはいけないものを見てしまったのです‥‥。私たちに気づいたおばあさんのようなものは急に立ち上がると人間の動きとは思えないような動きでスルスルと樫の木を上って行きました。

    「やばい……人間じゃない………」なんとそれは熊でした。くまの攻撃を受けたAはわき腹をえぐられながらも持っていたナタで熊の目をつぶしてやったのでした。

    思わぬ反撃を食らった熊は逃げ帰っていきました。とても源流釣行どころではなくなった私たちは道具もそのままにAに肩を貸しつつ沢を降りる事になりました。

    しかし出血の激しいAはとても滝をロープで降りれる状態ではなく、Sが一人で沢を下りレスキュー隊を呼んでくることになりました。Aの付き添いで残る事になった私はAを気遣いつつ滝から広がる景色を見ているとSのヘッドライトが動いていくのが見えます。

    負傷したAの為か、ものすごい速さで移動するライトの光を眺めつつ「全速力で走ってるのか、ありがとう…S……」と思うのでした。しかしこのとき気づくべきでした。

    ヘッドライトの光の不規則な動きと、なによりも、決して人間が足場の悪い渓谷で動ける速さではなかった事を……。翌朝になってもSはもどらず、県外から来たという中年の釣り師一行の持つ衛星携帯電話で助けを呼んでもらった私たちは次の日の朝刊で、熊の餌食になり相当な距離を引きずられてぼろぼろになったSの死亡記事を目にするのでした。

  • ツイートする

  • この話は怖かったですか?

    怖かった0

  • コメント

  • コメントはまだ投稿されていません
      山奥の恐怖 についての感想や真相の解明など自由にコメントしていってください。お待ちしております。
    • 名前(省略可):
    • 本文:

    • 半角文字列だけの入力はできません。
  • この話を読んだ人はこちらも読んでいます

New

新着コメント