【洒落怖】カーテンの向こう側

評価 評価 評価 評価 評価

  • これは俺が中学生の時の担任の話なんだが。

    先生の名前はHってことで。夜中にふと目が覚めるとカーテンが開いていた。

    Hは寝る前には閉めたはずなのにと不思議に思って閉めに行くと、窓の数メートル先に女が立っていた。その時Hはよく分からんが、「何だこんな時間に、世間知らずな」とかわけの分からんことを思いながらカーテンを閉めてまた寝床についた。

    しかし、そこでHは異変に気づいた。ここは二階だ・・・。

    Hはもう一度ゆっくり窓まで行き、カーテンをばっと開けた。すると、そこには窓一面に耳元まで裂けた笑い顔の女がべったりと張り付いていた。

    Hはカーテンを勢いよく閉めるとしばらく棒立ちになっていた。今度はバットを持ってきて再びカーテンを開けるとそこには何もいなかったそうだ。

    ちなみに、Hはめちゃくちゃ金縛りにあいまくってて、車の中でもなったことがあるらしい。今はどうなってるか知らんけど。

  • 評価

  • カーテンの向こう側 の評価は
    0.00 /5 point(0人が評価)
    ( 調べ)
    クリックして評価をしよう!
  • コメント

  • コメントはまだ投稿されていません
      カーテンの向こう側 についての感想や真相の解明など自由にコメントしていってください。お待ちしております。
    • 名前(省略可):
    • 本文:

    • 半角文字列だけの入力はできません。
  • この洒落にならない怖い話を見た人はこちらも見ています

広告

スポンサードリンク

New

新着コメント