【洒落怖】一族を狙うモノ

評価 評価 評価 評価 評価

  • 高校の頃の実体験です。
    心霊体験は実はいっぱいしてるんですが、
    命の危険を感じたやつだけ投下。
    私の母の家系は、第一子が短命、
    第二子には霊的な力が多かれ少なかれ出ます。
    私の母も私も第二子なので、
    その法則に漏れず見える人になってしまいました。
    私の母は血縁者の死期が見えてしまう人で、
    私は多少なのですが予知夢みたいな力があります。
    そんな私達は当然のように心霊体験をしてしまって、
    特に思春期には金縛りに悩まされました。
    初めての金縛りはただただ恐ろしかったのです。
    しかし、私達の血族の第二子は皆通る道であり
    母も経験者だったこともあって、
    いつしか金縛りにあっても
    「あ、またか」
    と思う程に慣れてゆきました。

    ただ母に、
    「絶対に金縛り中に目を開けてものを見てはならない」
    と言われていました。
    なので、私は万一目を開けたまま
    金縛りにあっても恐ろしいものを極力見なくて済むように、
    うつ伏せで眠るように心掛けて、
    その夜もうつ伏せで眠っていました。
    その夜も、いつもの様に金縛りに遭いました。
    最初は「あ、またか」と思っていたのですが、
    その夜はどうも何かが違うような気がしました。
    何故か、腰の辺りが酷くどーんと重かったのです。
    まるで、誰かにまたがられているみたいに。
    それを意識した途端、
    唐突に冷や汗が出てきました。
    真夏だったのに、
    動かない体が急激に冷えてきたんです。
    「これは、まずいかも」
    と思った途端、
    私の腰の上にまたがっているその何者かが、
    私の腰の上でドスンドスンと
    腰を上げたり下げたりし始めました。
    子供がまるで遊んでるみたいな、
    そんな感じでした。
    背中にも、いつの間にか
    誰かが爪を立てて手を乗せる感覚がありました。
    何故かは分からないのですが、
    直感で女の人だな…と思いました。
    私は心の中で
    「なんまんだぶ…」
    と念仏を唱えました。
    金縛りには慣れていても、
    金縛り中の遭遇は初めてでした。
    とにかく怖くて、必死で念仏を唱えました。
    すると、急にピタリと、何者かの動きが止まりました。
    ホッとした瞬間、
    甲高い笑い声が聞こえてきました。
    男なのか女なのか分からないほどキンキンした、
    金属的な笑い声でした。
    ゾッとした瞬間、
    私の頭を爪の長い手がゆっくりと撫で回し始めました。
    最初は凄く優しく、
    でも徐々に力が強まっていくんです。
    髪の中にまで指が入ってきて、
    頭皮をまさぐるみたいにワシャワシャと、
    でも物凄い速さで私の頭をその手は撫で回していました。
    私の腰にまたがって。
    かがみこんでやっているのか、
    首筋や頬のあたりに、
    髪の毛みたいな感触を感じました。
    その間も、ずっと甲高い笑い声は続いています。
    私はあまりの恐怖に念仏を唱えることも出来ずに、
    ただただ時間が過ぎてゆくのを待ちました。
    時間が経てば、
    今まではどんなに長い金縛りも必ず解けたからです。
    だから、今回もじっと恐怖に耐えていれば、
    いずれいずこかへ去ってゆくだろうと思いました。
    実際はほんの数分だったと思うのですが、
    私は笑い声と手の感触に怯えながら金縛りに耐えました。
    すると、突然腰の重みがなくなり、
    ふっと手の感触も髪の毛の感触も、
    笑い声さえも消えてしまいました。
    その瞬間金縛りは解け、
    私はほっと息をついて目を開けました。
    その、次の瞬間でした。
    急に、物凄い力で足を掴まれて、
    私の体はそのままズルズルと引っ張られました。
    二段ベッドだったので、
    ベッドの後ろ側にも柵があるはずなのに、
    ありえないところまでズルズル引っ張られていて、
    しかも引っ張った体を足を掴む手は
    ブンブンと上下に振り回すんです。
    そこで初めて私は目の前に、
    うつ伏せになっている自分の頭が見えました。
    幽体離脱は初めてだったのと、
    明らかに足を掴んでいる何者かによって
    むりやり引っ張り出されてしまったんだと思ったので、
    必死にシーツを掴みました
    (何故か掴めたのです)。
    しかし、そのシーツごと引っぺがす勢いで、
    私の足を掴む手は私を引っ張りました。
    そしてそのまま天井近くまでひっぱり上げられて、
    私は眼下に自分の寝てる姿が見え、
    「私はもしやこのまま死ぬんだろうか」
    と思いました。
    その時、丁度またあの笑い声が響き始めました。
    私の体を振り回す力も一層強くなります。
    私はこのままだと死んでしまうかも、と思い、
    心霊体験の本の話を思い出して
    「私は絶対に貴方とは一緒に行かない!」
    と心の中で叫びました。
    すると、笑い声が唸り声のようなものに変わりました。
    人の声というよりは、犬の唸り声みたいな声でした。
    「見てはいけない」
    とは思ったのですが、
    私は私の足を掴んでいるのは何者なのか知りたくて、
    首だけを後ろに捻って振り返りました。
    すると、そこにはガリガリに痩せた女の人?がいました。
    黒いボロボロの裾の長いワンピースみたいなものを着てて、
    肌は灰色っぽくてしわしわ、
    でも目は凄く大きくて、
    黒い髪はもしゃもしゃにもつれたまま逆立っていました。
    人間?なのかも分からない感じです。
    全体的に黒い糸が
    くちゃくちゃに絡まって塊になっているみたいな、
    そんな印象の姿でした。
    彼女?は唸りながら
    尚も私の足を引っ張っていました。
    私は心の中でただただ
    「絶対行かない、絶対行かない」
    と繰り返してました。
    そのうちに、
    いつの間にか恐怖と緊張の糸が切れてしまったのか、
    ふっと記憶が途切れました。
    目が醒めたときには朝でした。
    私は自分のベッドで普通に目が覚めました。
    思わず
    「夢だったのかな」
    と思ったのですが、
    私の両手はしっかりとシーツを握ってました。
    怖くなって母の所に行き、
    背中を見せたら赤い爪跡みたいな傷が十個、
    しっかりついていたそうです。
    母に一部始終を話したら、
    母もその女の人?を見たことがあるそうです。
    母の時は、高熱を出して寝込んでいた時の夢の中で、
    布団を中心にその女にひたすらグルグルと
    ずっと追いかけられ続ける、
    というものだったそうです。
    必ず皆、その夢を見るそうなのですが、
    私のように連れて行かれそうになったのは
    多分血族の中では初めてのようです。
    母や母方の祖父、曽祖父にもその話をしたら、
    「もしかしたら次の代で何かあるかも」
    とのこと。
    一応お払いには連れて行かれたのですが、
    どうなるのか分かりません。
    私は今独身なのですが、
    もしも子供を産んだら一人目を失って、
    二人目も自分と同じ目に遭うかも、
    もしかしたら今度こそ本当に連れて行かれるのかもと思うと凄く怖いです。
    とりあえず、それ以来寝室にはお札を置いて
    盛り塩をして寝るようにしました。
    しかし、その効果なのかあるいはあれが何かの契機なのか、
    それ以降金縛りには遭っていません。

  • 評価

  • 一族を狙うモノ の評価は
    0.00 /5 point(0人が評価)
    ( 調べ)
    クリックして評価をしよう!
  • コメント

  • コメントはまだ投稿されていません
      一族を狙うモノ についての感想や真相の解明など自由にコメントしていってください。お待ちしております。
    • 名前(省略可):
    • 本文:

    • 半角文字列だけの入力はできません。
  • この洒落にならない怖い話を見た人はこちらも見ています

  • 前:

    次:物置の戸

広告

スポンサードリンク

New

新着コメント