【ほん怖】子供が先天的に歩けなかった

評価 評価 評価 評価 評価

  • 最近聞いた不思議な話。

    日本のとある島の知人の出来事。


    親から継いだ老舗旅館を夫婦で営んでいた。


    そんなある日、夫婦に子供が産まれたが、
    先天的に歩けない子だった。

    いろんな人に相談したら、蛇の祟りだと言われた。


    その事を旅館の従業員に話したら、
    従業員の一人が、裏山で出逢った肌色の蛇を、
    持っていた鎌で殺したとの事。


    裏山は神様の祠の側ってのもあって、
    お使いの蛇だったのかもと考えた。


    そこで夫婦は、
    毎日祠に卵をピラミッド型に30積んだ三方を供えて、
    駄目元で謝罪する事にした。


    すると3ヶ月後、
    当時2歳になっていた子供が突然歩けるようになった。


    医者も驚いていたとのこと。


    卵が自己満足でも、奇跡でも嬉しかっただろうなぁ。


    不思議なのは、その大量な卵の殻が見つからないこと。


    お供えに食べてくれたならいいが、
    お供え泥が盗んでいたら祟りが、と夫婦は気にしていた。

  • 評価

  • 子供が先天的に歩けなかった の評価は
    0.00 /5 point(0人が評価)
    ( 調べ)
    クリックして評価をしよう!
  • コメント

  • コメントはまだ投稿されていません
      子供が先天的に歩けなかった についての感想や真相の解明など自由にコメントしていってください。お待ちしております。
    • 名前(省略可):
    • 本文:

    • 半角文字列だけの入力はできません。
  • このほんのりと怖い話を見た人はこちらも見ています

広告

スポンサードリンク

New

新着コメント