【ほん怖】祖母の形見の人形

評価 評価 評価 評価 評価

  • 祖母が亡くなり形見分けの時、
    母が人形を見つけた。

    しかし高そうな日本人形じゃなく
    顔や髪も布地で出来た目の丸い女の子の人形。


    可愛いと母は私か妹にと親族に了承もらって、
    私のものになった。

    私は縫い子で、妹はアパレル、母親は呉服屋にいた為、
    人形が地味な綿の着物だった(ちょっと変色)為、
    母がちりめんや余り絹を調達して、
    妹が色を合わせ、私が人形の着物を縫った。


    赤い牡丹に柿色の帯半襟は正絹薄萌木色にして、
    髪に薄い絹で椿をつけた。


    お人形遊びみたいだねと話しながら、
    人形は母の蘭のそばに飾った。


    翌日、妹が
    「人形が『ほんまおおきに!!』って言ってる夢見たよw」
    と言ってて皆で笑った。


    数日後、母親の知り合いの親子が遊びに来て、
    その女の子が人形がほしいと泣き出してしまった。


    しかし形見なので上げられないの、
    ごめんなさいと母が謝ると、
    女の子は人形を掴んで床に叩きつけた(らしい)。


    ついでに蘭もぶちまけた…


    その子の親は、
    「子供のした事だから」
    と言い帰っていった。


    母親は人形にごめんねと謝り、蘭の花を片付けた。


    数日後に京○府で大きな交通事故があり、
    人形を叩きつけた女の子は重症を負った。


    まあ偶然かもしれないと最近まで思っていた。


    最近になってまたその子の母親が家に来て、
    ようやく娘か退院したと話した。


    そしてついては
    快気祝いにあの人形を譲ってほしいと言う


    母は丁寧に断ったが、
    人形で遊ぶなら小さい子だし…
    私がいいなら譲ると言ったけど、
    そもそも人形を叩きつける子供には譲れないと私は断ってしまった。

    しかしその母親は
    「子供がほしいって言ってるのに!!」
    と、
    飾ってあった人形をまたも取り上げて床に叩きつけた。(遺伝?)


    人形は足が少し曲がってしまった。


    数日後、その叩きつけた母親も交通事故にあった。


    命に別状はないが下半身不随になった。


    ちょっと怖くなった。


    書いててすごいありがちだなと思ったけど、


    この手の怖話は
    『髪の毛がリアルな日本人形』
    でしかあり得ないと思っていた。


    見た目は普通の可愛いお人形だし、
    身内には被害もなく、
    むしろ妹が宝くじを当てたり、
    私の嫌な上司がなくなったりで良いことのが多い。

  • 評価

  • 祖母の形見の人形 の評価は
    2.00 /5 point(1人が評価)
    ( 調べ)
    クリックして評価をしよう!
  • コメント

  • コメントはまだ投稿されていません
      祖母の形見の人形 についての感想や真相の解明など自由にコメントしていってください。お待ちしております。
    • 名前(省略可):
    • 本文:

    • 半角文字列だけの入力はできません。
  • このほんのりと怖い話を見た人はこちらも見ています

広告

スポンサードリンク

New

新着コメント