【ほん怖】いきつけの喫茶店

  • 友人から聞いた話。長文です。

    昔、いきつけの喫茶店があった。
    おしゃれでもなんでもない普通のどこにでもある喫茶店。


    でもマスターの人柄がよく、
    お店の中には穏やかな空気がいつも溢れていたから、
    癒されたい時とか、ほっと気持ちを落ち着けたい時には、
    少し遠かったけれど通っていたらしい。

    ある日、そこにバイトで女の人(Aさん)が入ってきた。


    友人には普通に接してくれているんだけど、
    どうしても張り付いたような笑顔が苦手だった。


    別の常連のおじさんから聞いた話では、
    Aさんは友人との人間関係が上手くいかずに
    引きこもりがちになっていたのを、
    知り合いだったマスターがリハビリがてらバイトにおいでよ、
    と誘ったらしい。


    友人は自分が感じていた
    『張り付いたぎこちない笑顔』は、
    そのせいだったんだと思った。


    しばらくは通っていたんだけれど、
    その張り付いた笑顔の彼女がいるその喫茶店で、
    友人は以前のように穏やかな気持ちや癒される気持ちを感じる事が出来なくなってしまい、
    自宅から少し遠いというのもあり、次第に足が遠のいていった。


    しばらく行っていなかったその喫茶店を、
    ある日友人が訪れたところ、友人はすごく驚いた。


    マスターの容姿が豹変していたからだ。


    以前のマスターはどちらかというとふくよかな体系で、
    その体系がお店の雰囲気を柔らかくしていたのに、
    そのマスターがガリガリに痩せていたのだ。


    びっくりした友人は
    「体調でも崩したの?」
    とマスターに尋ねたら、
    にっこり笑って
    「ダイエットしたんだ。どう?カッコイイでしょ?」
    と笑った。


    でも、体調を崩したの?と尋ねたぐらいだから、
    どう見ても健康的な痩せ方ではなく、
    なんと返事をしたらいいかわからず
    「へぇ、そうなんだ、すごいね~」
    としか言えないまま席についた。


    席について気が付いたけれど、
    以前となんだか雰囲気が違う。


    以前はお店には色んな年代の人が集まり、
    楽しそうにお茶を飲み、ぽわんと温かい空気に包まれていたのに、
    今のそのお店は人もまばらで、
    なんだか洞窟の中にいるような重く暗くひんやりとした空気が漂っていた。


    そして相変わらず例のAさんはいた。
    いたにはいたけど、
    以前とは雰囲気が変わっていた。


    なんというか、張り付いた笑顔はなく、
    他のバイトの人に指示を与えていたり、
    マスターとため口で親しそうに話していたその様子に友人は驚き、
    そして
    「あぁ、随分変わったんだな」
    と思い、それでもやはりAさんは苦手だと感じた。


    来るんじゃなかったと思った友人は、
    コーヒーを飲んで早々に店を出た。


    そして
    「あぁ、もうここには来るのはやめよう」
    と思った。


    店を出て駅に向かう途中、
    以前店でよく会った常連のおじさんに偶然会った。


    おじさんに
    「久しぶりじゃないか、元気だったのか~」
    と言われた友人は、


    「久々にあのお店に行ってみようと思ってきたんです」
    と言った。


    するとそのおじさんは
    「えっ・・・・君、あそこに行ったの・・・?そうか・・・」
    と言った。


    友人はそのおじさんの少し含みのある言い方が気になったが、
    正直にあのお店の雰囲気が好きでなくなったから、
    とさすがに言えず、

    「はい。でももうこの辺りにもあまり用もないから、
    あのお店もなかなか来られないかもしれません」
    と言った。


    するとおじさんはなんだかホッとしたように
    「そうだね・・・、それがいいね」
    と言った。


    その含みのある言い方が気になり、
    思い切って友人はそのおじさんに
    「あの・・・あのお店、何かあるんですか?」
    と聞いた。


    するとおじさんは
    「こういう話は好きでない人もいるからあれだけど、
    君ももう行かないというなら・・・」
    と話してくれた。


    あのお店、友人が行かなくなって少ししてから、
    例のバイトのAさんがマスターと親密になっていき、
    Aさんがカウンターの中に入り、マスターと親しげに、
    まるで夫婦のようにお店を仕切るようになっていったらしい。


    そして常連の人がマスターと話していると中に入ってきたりして、
    常連さんもAさんがだんだんウザくなっていき、
    そうなるとその気持ちがAさんに伝わり、
    Aさんの態度が悪くなる悪循環で、
    だんだんと常連さんが減っていったという。


    その常連さんの中に一人、
    所謂見える人(ごく普通のおばさん)が、


    「マスターには蛇が絡まっている。
    今のままじゃ首を絞められる」
    と言っていたらしい。


    で、マスターに
    「あなた、気を付けたほうがいい。
    大きな蛇がからまって締めつけているよ」
    と言ったら、
    マスターがまるで小さな子供のように頭を抱えて、
    「嫌だ 怖い 怖い」
    と言っていたらしい。


    で、そのおばさん曰く原因がAさんだという。


    友人は
    「え?Aさんが蛇っていうこと?」
    と聞いたら、おじさんは、


    「うん、ぼくにもよくわからないんだけれど、
    Aさんが蛇になってマスターを取り込もうとしているらしい」
    と言ったという。


    「マスター痩せてたけどAさんは元気だったでしょ?
    だから僕も常連さん(おばさん)の言う事がなんとなく気になって、
    行かなくなったんだよね。
    Aさんもあまり好きじゃないしね」


    それを聞いて友人は、
    あぁAさんは蛇だと言われたらそんな感じがする、
    と思ったらしい。


    そしてその話を聞いた私が、


    「Aさんてどんな感じの人?
    参考までに教えて!蛇っぽい顔でもしてるの?」
    と聞いたら、


    「それがね・・・。
    彼女がいる時に何度もお店に行っているし、
    今でも多分街中で会ったらわかると思うんだけどね、
    どうしても顔が思い出せないんだよね。
    なんていうか、思い出そうと想像しても、
    髪のない白い面長。目も鼻もない。
    ただ口はある。赤くてね、ニッと笑ってるの。
    ホラー漫画に出てくるみたいないかにもな描写だよねぇw
    でもね、思い出せないの。頭に浮かばないんだ。不思議だよねぇ・・・
    でも蛇って言われるとすごく納得できるんだよねぇ」


    と言っていた。


    今でもその喫茶店はあるらしい。


    でも友人はあれ以降一度も行ってないそうだ。


    普段能天気な友人だけれど妙な勘が働くところがあるから、
    ヤバイと思うものを記憶に残さないように、
    顔が思い出せないようにしているのかな。

  • ツイートする

  • この話は怖かったですか?

    怖かった0

  • コメント

  • コメントはまだ投稿されていません
      いきつけの喫茶店 についての感想や真相の解明など自由にコメントしていってください。お待ちしております。
    • 名前(省略可):
    • 本文:

    • 半角文字列だけの入力はできません。
  • この話を読んだ人はこちらも読んでいます

New

新着コメント