【ほん怖】写真・思い出

評価 評価 評価 評価 評価

  • 念願の彼女が出来て、二人でドライブに行く事になった。

    彼女はイケイケだったり、ハジけてるわけでもない。
    淑やかで清楚な感じの女の子だった。


    ドライブの最中、好きな音楽や映画、景色などの話しをしながら、
    極普通だが楽しんでいたのだが、
    前方を走る車がスピードを下げて、少し反対車線に避けるように走った。

    原因は猫?の轢死体だとすぐわかった。


    昼間の時速3-40km、
    徐行ではないが痛々しい猫の姿がハッキリ目視できた。


    その光景に二人とも何か口にするわけでも無かったが、
    彼女はそれから黙り気味になってしまった。


    内心、優しい子なんだな、猫が好きなのかな?
    ああいった場面が極度に苦手なのかな?と思った。


    それから昼食を済ませたが、彼女は食欲もあまり無い様子で、


    「少し気分が悪いから、今日はこれで家に送ってほしい。ゴメンなさい」
    と言われた。


    あれが原因かは知らないが、
    気分の優れない彼女を連れまわすのは可哀そうと思い、
    そのまま家に送った。


    それから数ヶ月後、彼女は市内だが引っ越す事になった。


    付き合うのに支障は無い距離。
    俺は彼女の引越しの手伝いをした。


    そして、彼女が買い物に行ってる間に、荷物の一つに目が留まった。


    『写真・思い出』と書かれたダンボール。


    興味で覗いてしまった。誰もが見たいモノだろ。
    数十冊あるアルバムを広げていった。


    幼少期、小中学生、高校、今でも漂う大人しそうな感じの子が彼女だとわかる。


    そして数冊目、俺はどうしたら良いかわからなくなった…


    そのアルバムの中は、轢死体の動物達の写真群だった。


    十冊近かっただろうか…


    あの日、彼女は本当に、気分が悪くて家に帰ったのだろうか。


    家に帰って、そのまま休んだのだろうか。

  • 評価

  • 写真・思い出 の評価は
    0.00 /5 point(0人が評価)
    ( 調べ)
    クリックして評価をしよう!
  • コメント

  • コメントはまだ投稿されていません
      写真・思い出 についての感想や真相の解明など自由にコメントしていってください。お待ちしております。
    • 名前(省略可):
    • 本文:

    • 半角文字列だけの入力はできません。
  • このほんのりと怖い話を見た人はこちらも見ています

広告

スポンサードリンク

New

新着コメント