ダークモード

【ほん怖】蛍見物

106

9

0

  • 僕が大学生だった頃、バイト先だったバーのお客さんの話です。

    Kさんはその店にわりとよく来るお客さんで、当時20代後半の会社員。

    僕と同じ茨城出身の人でした。

    ちょうど今頃の季節で“蛍”が話題にのぼり、

    「僕の地元は2、3年前までいっぱいいましたよ」

    「俺の実家の近くじゃ、全然見れないんだよな。いいなぁ、蛍。見てえなぁ」

    と話をしたのです。

    一月ほど後。
    久しぶりに店に顔を出したKさんが、他のお客さんがひけた頃合いをみて、
    「笑ってくれてもいいんだけど・・・」といって、
    ポツポツと淡々とマスターと僕に語りはじめました。

    僕と話をして間もなく、夏期休暇のKさんは実家に帰省したそうです。

    ある夜、やはり蛍が見たくなったKさんは、一人でクルマで出かけました。

    同じ茨城といっても、Kさんの実家と僕の地元とはかなり離れていたため、
    Kさんは知り合いに訊いて、蛍が見られそうな場所を教えてもらったのです。

    クルマで3,40分ほどの距離にあるそこは、山のふもとの農村地帯でした。

    民家もひとかたまりずつ、まばらに点在するばかり。

    ぼんやりと月が出ていなかったら、きっと真っ暗。

    そのかわり、蛍はホントにけっこうな数がフワリフワリと飛んでいました。

    Kさんはできるだけ民家から離れた山沿いの野道にクルマを入れて停め、
    家から持ってきたビールを飲みながら蛍を眺めていたそうです。

    “風流だなあ”とか悦に入って。

    そのままいい感じに酔ったKさんは、
    ちょっと酔いを醒ましてから帰ろうとしているうちに、
    クルマの中でうたた寝をしたらしい。

    尿意を催して目が覚めたときは、0時をまわっていたそうです。

    「クルマの外に出て立ちションした後、
    せっかくだから蛍を捕まえて帰りたいと思ってさ。
    その野道をちょい進んだとこに蛍がいたから、そーっと近くまでいって・・・。
    そのとき、見えたんだよ」

    その野道の左側は田んぼ、右側はそのまま山につながっている雑木林。

    Kさんがクルマを離れて歩いていったちょうど横に、山に入る細い道があった。

    雑木林の中を、まるでトンネルのように山に向かっている小道・・・。

    その道の奥の方で、何かがふらりと動いた気がした。

    「?」

    月明かりがまばらに落ちているとはいえ、林の奥はなお暗い。

    暗さに慣れた目で確かめようとしながら、
    自分の『夜中に、こんな場所に一人きり』という状況に突然、
    猛烈に怖さがわき上がってきた。

    ・・・ふらり。

    間違いなく、見えた。

    林の奥で動く、人影のようなものが。

    寒気が走って全身にゾワッと鳥肌が立った。

    「ヤバイ、なんか分かんねえけどこれはヤバイ!って思ったんだ。
    なのに、体がすぐには動かないのよ。
    で、だんだんよく見えてきたんだ、それが」

    ぼろきれのような布を身にまとった“人”のようなもの。

    それが、ふらり、ふらり、と揺れながら、ゆっくりとこっちに近づいてくる。

    Kさんはやっと動き出した。

    だけど、走って逃げ出したいのに体がいうことをきかない。

    水の中にいるように足が重くて、
    渾身の力を振り絞っているのにぎくしゃくと歩くようにしか動けない。

    クルマに向かって全力で歩く。

    『いやだ、いやだ、いやだ、いやだ・・・』

    パニックになったKさんは、心の中で叫びながら、
    後ろを振り返ったまま懸命に野道を戻ろうとする。

    雑木林の細道から、それが月明かりの中に現れないよう必死に祈りつつ。

    でも、それはやはりゆっくりと林から出てきた。

    それとの距離は明らかに縮まっていた。

    ハッキリと見えた。

    ぼろきれのようになった昔の狩衣のようなものを身にまとい、顔には面。

    だけど、木の面には何も彫られていず、目の部分にも穴すらあいていない。

    面は縄のようなものでぐるぐる巻きに縛りつけられている。

    人間なら前なんか見えっこない。

    なのにそれはすーっと体をまわし、悪夢のように正確にKさんの方に歩みだした。

    ほとり、ほとり、左足と右足をゆっくりと交互に踏み出して、
    そのたびに体を不規則に揺らしながら。

    『いやだいやだいやだいやだいやだアァァ!』

    Kさんがやっとクルマに潜り込んだときには、
    “それ”がもし走ったなら、一瞬で追いつかれてしまうほどの近さだったそうです。

    ずっとエンジンかけっぱなしだったクルマをすぐにバックさせて、
    (このときも林に突っ込みそうになったり、大変だったらしい)
    事故るんじゃないかってスピードで逃げ帰ったそうです。

    いやだいやだいやだ・・・と、心の中でさけびつつ。

    マスターも僕もさすがに笑いとばしたりはしなかったし、
    (そりゃ幽霊じゃなくて“おばけ”ですね、や、妖怪だ、のっぺらぼうだ、クスクス、ぐらいは言いましたが)
    逆にKさんも、未だに怯えてたってわけでもありません。

    ただしそれ以来Kさんは、東京でも残業で遅くなった会社など、
    ちょっとした暗がりや人気のないところでもビクッとするようになったらしい。

    「アパートの部屋も、出かけるときに電気をつけていくんだよ。
     じゃないと、帰ってドアを開けたときに、そこにいそうでさ」

    その後、少なくとも僕が知る限りでは、Kさんは再びそれを見ることはありませんでした。

  • ツイートする

  • この話は怖かったですか?

    怖かった9

  • コメント

  • コメントはまだ投稿されていません
      蛍見物 についての感想や真相の解明など自由にコメントしていってください。お待ちしております。
    • 名前(省略可):
    • 本文:

    • 半角文字列だけの入力はできません。
  • この話を読んだ人はこちらも読んでいます

  • ※既読の話はオレンジ色の下線が灰色に変わります

  • ここで突然心霊写真クイズ!

New

新着コメント