【ほん怖】トイレ追いかけっこ

評価 評価 評価 評価 評価

  • 私の友達Aさんが、小学校6年生の時に体験した話である。

    休み時間、彼女は友達と一緒にトイレでおしゃべりをしていた。

    と、突然トイレの入口が開けられ、一人の少女が飛びこんで来た。

    知っている子だった。

    彼女はとっさに掃除用具入れの扉を開け、
    「早く、こっち、こっち」と、少女に用具入れの中に入るよう促した。

    彼女と友達は、少女が追いかけっこの末トイレに逃げ込んで来たと思い、かくまおうと思ったのだ。
    案の定、少女は迷うこと無く掃除用具入れのなかに飛びこんでいった。

    彼女たちは、少女の為に平静を装い追っ手を待った。

    しかし、当然やってくるはずの追っ手はいつまで経ってもやって来ない。

    そのうちにいたずら好きのAさんは、
    少女の入った用具入れの扉によっかかり、彼女が中から出られないよう足を踏ん張った。

    用具入れの扉はトイレの扉とは反対に、通路側に開けなければ開かない。

    そのうちに閉じ込められた少女はそれに気づいたのか、
    中から扉を開けようと内側からすごい力で押し始めた。

    彼女は足を突っ張り、扉をあけさせないよう必死にがんばった。

    彼女の友達も、彼女を手伝い一緒に扉を押さえた。

    ドン!ドン!ドン!ドン!ドン!ドン!ドン!

    突然、少女が激しく扉を叩きはじめた。

    それは、閉じ込められた少女が中から必死に叩いているものだった。

    ドン!ドン!ドン!ドン!ドン!ドン!ドン!

    しかし、Aさんと友達はひるむ事なく、いっそう足を踏ん張り扉を死守した。

    扉はしばらくの間激しく叩かれていたが、そのうち、

    ドン!・・ドン!・・・ドン!・・・・ドン!・・・・・・・・

    と、しだいに扉を叩く力が弱くなり、ついには何の音もしなくなった。

    しかし、Aさんはやめることなくふんばり続けていた。

    「ねぇ、Aちゃん。もう、やめてあげようよ。きっと中で泣いてるよ!」

    さっきまで彼女を手伝っていた友達が彼女にいった。

    「そうよ!そうよ!可愛そうだから、やめなさいよ!」

    と、トイレの中にいた他の女の子たちもそういいはじめ、
    あっと言う前にトイレの中の数人の少女が彼女を取り囲んだ。

    こうなると多勢に無勢である。

    彼女は仕方が無く、しぶしぶ扉の前から離れた。

    しかし、いつまで経っても少女が出てくる気配はない。

    周りの女の子が不安な顔をし、Aさんに扉を開けるよう目配せをした。

    「んー。ごめんね。いじけてないで出ておいでよ」

    仕方がなくAさんは少女に声をかけながら、用具入れの扉を開けた。

    「………………………!!」

    用具入れの中には誰もいなかった。

    当然、どこからも抜け出す場所もなく、少女はそこから消えていた。

    Aさんを含め、トイレの中にいた女の子は全員大パニックに陥った。

    結局、この話は全校に広がり、同様の話も他からも出たりするなど大騒ぎになり、
    この件で全校集会まで開かれる事態となった。

    「確かにあの子は知っている子だったけど、彼女の名前や学年、クラスは、どうしても思い出せないの…」

    と十数年経った今も彼女は言う。

  • 評価

  • トイレ追いかけっこ の評価は
    0.00 /5 point(0人が評価)
    ( 調べ)
    クリックして評価をしよう!
  • コメント

  • コメントはまだ投稿されていません
      トイレ追いかけっこ についての感想や真相の解明など自由にコメントしていってください。お待ちしております。
    • 名前(省略可):
    • 本文:

    • 半角文字列だけの入力はできません。
  • このほんのりと怖い話を見た人はこちらも見ています

広告

スポンサードリンク

New

新着コメント