【ほん怖】子供の頃に遊んでいた友達

評価 評価 評価 評価 評価

  • お盆になると思い出す。が、あんまり恐くない話。

    自分が小学2年の頃の話。

    タケシという、毎日のように遊ぶ仲のいい友達が居た。

    川の近くの公園で毎日暗くなるまで遊んでいたが、
    ある日、唐傘をかぶった托鉢のお坊さんが、
    公園の外からじっとこちらを見ているのに気が付いた。

    オレ「気味の悪いお坊さんだね」
    タケシ「う・・うん・・・」
    オレ「でも、こっちに来ないしそのまま遊ぼうよ」
    タケシ「・・・・・」

    タケシは妙にそのお坊さんが気になるようで、
    遊びながらもちらちらとお坊さんの方を見ていた。
    しばらくするとそのお坊さんは公園内に一歩足を踏み入れ、
    持っていた錫杖を地面に突き刺すように鳴らした。

    シャリーン!「ヒッ!」

    錫杖の音とタケシの声が同時にしたと思った瞬間、
    タケシは公園の外へ走っていってしまった。

    呆気にとられたオレはその場で立ちつくし、
    お坊さんは何事もなかったように公園を出ていった。

    その後しばらくタケシが戻ってくるのを待っていたが、
    戻ってこなかったので取り敢えず家に帰ってみると、
    さっきのお坊さんが家から出てくる所だった。

    「○○君、大きくなったね」と言って
    オレの頭を撫でて帰っていった。

    翌日、オレは母親に連れられて公園の近くの川へ行った。

    そこには小さなお堂があって、お地蔵さんが祀ってあった。

    母親は花と水とお菓子を供えて、なにやらお祈りをしていた。

    その日を境に、再びタケシと遊ぶことはなかった。

    中学2年のお盆に、ふとタケシのことを思い出し母親に聞いてみた。

    「あのお坊さんは、家のお墓があるお寺の人で、
    公園でお前が遊んでいたのは、川で亡くなった子供の霊だそうだ。
    悪い霊ではなく、ただ遊びたいだけだったらしいけど、
    一緒に泳いだりしたら、霊にその気がなくても、連れていかれるかもしれなかった」

    とのこと。

    タケシと一緒に遊んだ時の手の感触や、
    埃を叩いてはらいあった感触など、
    今でもハッキリと思い出せる。

    アレは本当に霊だったのだろうかと、今でも不思議に思う。

    中学2年の夏からは毎年お盆にそのお堂へお参りに行っているが、
    今年は行けそうにないなあ。

    ごめんよ、タケシ。

  • 評価

  • 子供の頃に遊んでいた友達 の評価は
    0.00 /5 point(0人が評価)
    ( 調べ)
    クリックして評価をしよう!
  • コメント

  • コメントはまだ投稿されていません
      子供の頃に遊んでいた友達 についての感想や真相の解明など自由にコメントしていってください。お待ちしております。
    • 名前(省略可):
    • 本文:

    • 半角文字列だけの入力はできません。
  • このほんのりと怖い話を見た人はこちらも見ています

  • 前:孤独死

    次:赤い人

広告

スポンサードリンク

New

新着コメント