【ほん怖】無自覚な罪

評価 評価 評価 評価 評価

  • 母方の祖父母の家は、絵に描いたような田舎である。

    小6のときの出来事。

    その日は明るいうちから、弟とそこの地元の少年たち計6~7人で遊んでいた。

    日が暮れたら、地元の少年のうちのひとりが保護者を呼んできて、
    花火をすることになっていた。

    昼間遊んでいたのは、集落端にある舗装されていない駐車場みたいな空き地。
    広さは車が15台くらい置ける広さ。
    その脇には大きな農業用水路(?)が流れている。

    普段は車や機械?や廃車が置いてあるらしいのだが、
    その日は数台のぼろぼろの廃車しかなく、そこで遊ぶことになった。

    地元の少年たちも、そこではあんまり遊んだことがないとか言っていた。
    もちろん俺ら兄弟も初めて。

    していたのはカンケリだったと思う。

    日が暮れかかった頃、俺と弟と地元の少年1人(以降A)は、
    3人で農業用水路近くに隠れている最中に、なにかお堂みたいなものを倒してしまう。

    ぼろぼろの木造だったので気にしなかった。

    周りにはスクラップやガラクタや壊れた小さなプレハブボックスみたいのがあったので、
    壊してもなんとも思ってなかった。

    程なくして黄昏になり、保護者を呼んできて花火が始まった。場所は同じ駐車場。

    このときまだ、互いの顔が十分認識できる明るさだったのを覚えている。
    (俺ら兄弟が帰宅するので早めに行われた)

    この後起きたこと。

    1、俺と弟とAが立て続けに唐突に変なしりもちをつく。(あざもできる)

    2、弟とAがおもむろに走りだし用水路にはまる。
    (大事には至らず)後で聞いても走り出した理由は不明。

    3、みんなで2人を助けた後気づいたら、
    俺の足の裏に釘付の板が靴を貫通して刺さってることに気付く。
    いつ刺さったか不明。気付いてから激痛。(血はそんなに出なかった)

    4、足に刺さった釘を抜いている時、自分が利き腕の手首の辺りまで火傷しているのに気付く。
    よく見るとほか2人も同様に火傷。(俺が指摘するまで気付かず)背筋が凍った。

    花火であんな火傷の仕方は普通しない。それが3人同時って・・・

    さすがになんかおかしいってことになって、
    何かの呪いじゃないのか?(当時『~のたたり』や、
    『~の呪い』ってのが流行ってた)と感じ始める。

    お堂のことはすぐに心あたった。少し罪悪感があったためだったと思う。

    そこで、弟とAがなんか怒られてるかしてる間に、
    懐中電灯を持って俺がB(別の少年)を誘って、そのお堂を見に行った。

    片足が激痛だったがそれどころではなかった。

    すると、昼間は高く生えてた雑草で気付かなかったのだが、
    お堂の周りには実は小さな地蔵が密集していて、
    それらを俺・弟・Aがぐちゃぐちゃに踏み荒らしていたことが分かる。

    血の気が引いた。

    結局、「地蔵倒しちゃった~」とか俺が言って、
    みんなでそれを直して(お堂はそのまま)、帰ったと思う。

    それ以降特になにもない。

    偶然が重なっただけかもしれない。

    3人の火傷に気付いたときのビビり具合、焦り具合は忘れられない。

  • 評価

  • 無自覚な罪 の評価は
    0.00 /5 point(0人が評価)
    ( 調べ)
    クリックして評価をしよう!
  • コメント

  • コメントはまだ投稿されていません
      無自覚な罪 についての感想や真相の解明など自由にコメントしていってください。お待ちしております。
    • 名前(省略可):
    • 本文:

    • 半角文字列だけの入力はできません。
  • このほんのりと怖い話を見た人はこちらも見ています

広告

スポンサードリンク

New

新着コメント