【洒落怖】助手席から

評価 評価 評価 評価 評価

  • 着替えは関係ないけどリアル厨房だったときの話。
    家からちょっと離れた古本屋からの帰り道、
    徒歩でテクテク歩いていた。
    車の通りは多いけどあんまし人は歩いていない田舎の道(舗装済)
    交差点で信号待ちをしていた俺は視線を感じてそちらを見ると
    レッカー車(?)のような車の後部に4台ほど乗用車を載せてあるトラック(?)・・・
    書いてて自分でもよくわからんな・・・スマン
    とにかく上下に2台づつ乗用車を積んであるトラックの
    上に積んだ赤い車の助手席からなんか俺をにらんどるやつがいたんだよ。

    当時ちょっとドキュンだったおれはおもわずにらみ返してそのまま信号がかわるまでにらみ合ってたと思う。
    (いまおもうとすごくはずかしい・・・あのときにおれがしたしかめっ面・・・)
    んで信号がかわってそのトラックが走り出したのでにらみ合いもそこで終わり、
    おれは道を渡ろうとしてしばらく動けなくなった。
    その赤い車、半分がぐしゃぐしゃにつぶれたてたのよ(TT
    角度的に信号で走り出すまでその部分が見えてなかったんだな・・・
    無論そんなとこに人が乗ってるわけないし、しばらく真夏だったのに鳥肌立ってたよ。
    俺は怖かったけどこれ読んでる人はそんなに怖くないんだろうな・・・

  • 評価

  • 助手席から の評価は
    0.00 /5 point(0人が評価)
    ( 調べ)
    クリックして評価をしよう!
  • コメント

  • コメントはまだ投稿されていません
      助手席から についての感想や真相の解明など自由にコメントしていってください。お待ちしております。
    • 名前(省略可):
    • 本文:

    • 半角文字列だけの入力はできません。
  • この洒落にならない怖い話を見た人はこちらも見ています

広告

スポンサードリンク

New

新着コメント