【じわ怖】魔法使いの背中

評価 評価 評価 評価 評価


  • 5歳くらいの頃、父の仕事の都合で田舎に引っ越して、
    しばらく経ったときのことです。

    夜は自分の部屋で一人で寝ていました。

    ある晩のことでした。

    はくしょん大魔王のようなアラジンのランプのような、
    ものすごく大きな人が自分の部屋にいました。



    そして、

    「夜の散歩に連れていってあげる」

    と言うのです。

    幼かった私は何の疑問もなく、その人の背中に乗りました。

    すると、その人は私を背中に乗せて、
    隣の部屋で寝ていた父と母の部屋を通り抜けて空を飛んで、
    夜の町を見せてくれたのです。

    しばらく経って、またその人がでてきました。

    夜の町を飛んだあと、今度は空のどんどん上の方まで連れていってくれました。

    そして大きな半透明な煙突の様なものの中に入り、
    それでもどんどん登っていきました。

    でも、天井には蓋があって、

    「この上に行きたい」

    と言うと、

    「まだ若いからこの上に行ってはいけない」

    と言われ、引き返しました。

    夢だと思うんです。

    でも、まだ引っ越したばかりで、家の周りしか知らない私が、
    この場所にはこんなものがあると、あそこの場所の隣はこれがあるとか、
    その町のことを言い当てるので、親はとても不思議だったそうです。

    わたしは、魔法使いに連れていってもらったんだと言いましたが、
    信じて貰えませんでした。

    ヘンな話ですみません。

  • 評価

  • 魔法使いの背中 の評価は
    0.00 /5 point(0人が評価)
    ( 調べ)
    クリックして評価をしよう!
  • コメント

  • コメントはまだ投稿されていません
      魔法使いの背中 についての感想や真相の解明など自由にコメントしていってください。お待ちしております。
    • 名前(省略可):
    • 本文:

    • 半角文字列だけの入力はできません。
  • このじわじわ来る怖い話を見た人はこちらも見ています

広告

スポンサードリンク

New

新着コメント