【じわ怖】夏のエレベーター

評価 評価 評価 評価 評価
スポンサードリンク


  • 3年くらい前の夏、当時勤めていた会社のビルでの出来事です。

    会社はビルの7階(たぶん)にあり、
    エレベーターに乗って帰ろうとエレベーター乗り場に行きました。

    夜9時半くらいのことで、周りは非常灯程度の明るさでした。

    9階で止まっていたエレベーターが7階に着き、乗ろうとしたその時、
    中に40代~50代くらいの女の人が乗っていました。

    あれ?9階で止まったままだったし、
    8階で止まった様子もなかったよな?

    と思いましたが、疲れていたし早く帰りたかったので、まあいいやと思い、
    エレベーターに乗り込み、1階のボタンを押しました。



    すると、その女性に話しかけられました。

    「これって、屋上へは行かないの?」

    驚いて彼女を見ると、泣いています。

    何でこんな時間に屋上・・・?

    それに何で9階でずっと止まってたんだ?

    と思いましたが、とりあえず

    「この時間はたぶん閉鎖されてると思いますよ」

    と返事をしました。

    するとさらに泣き出しました。

    え?まさか自殺志願?なになに、どうしよう困ったな。

    と思いつつ、他に何もできず、ひたすら彼女を慰め励ましていました。

    こんな年(当時23歳)の、
    しかも見ず知らずの小娘の言う励ましが、
    どの程度彼女に届いたかはわかりませんが、
    彼女はビルの出口までついてきて、泣きながら

    「ありがとう、あんたいい子だね。あんたにはきっといいことがあるよ」

    と、お礼のようなことを言ってきました。

    なんとなく不安だったので、タクシーにのせるか、
    駅まで一緒についていくかしたかったのですが、
    彼女に頑なに拒否され、入り口に彼女を置いて帰ることになりました。

    翌日、会社の先輩にその話をしたところ、

    「私、あなたの帰ったすぐあとに帰ったけど、そんな人見なかった」

    と言われました。

    まあ、それは彼女が私の帰った直後にそこを去っていれば、
    当たり前のことなのですが・・・。

    でも気になるのは、なぜ9階で止まったままのエレベーターに乗っていたのか。

    また、泣いていたのは、屋上に行きたがっていたのはなぜなのか。
    (やはり自殺・・・?)

    そして、彼女は今どこでどうしているのか。

    この季節になると思い出します。

  • 評価

  • 夏のエレベーター の評価は
    0.00 /5 point(0人が評価)
    ( 調べ)
    クリックして評価をしよう!
  • スポンサードリンク
  • コメント

  • コメントはまだ投稿されていません
      夏のエレベーター についての感想や真相の解明など自由にコメントしていってください。お待ちしております。
    • 名前(省略可):
    • 本文:

    • 半角文字列だけの入力はできません。
  • このじわじわ来る怖い話を見た人はこちらも見ています

New

新着コメント

  • カエルの加護

    カエル関係なくね?
  • フッ素塗布液

    業者が間違って持って来たんだか歯科医の嫁が間違って発注したんだかで ラベルをよく見ずにその嫁がフッ素
  • 昼になるとラップ音が聞こえる

    存在を知らせるためにラップ音鳴らしてたら 怒られた!けど話しかけてくれた! 最後には感謝までされて謝
  • シシキリ

    うちの地元でもお通夜の晩は遺体の胸に刃物(うちは鎌だった)を置くってのがあったよ 悪霊だったかに連れ
  • 朝焼け

    どっかの小説みたいな話だな。 紫色の朝焼けはどんな意味があるんだろう..
  • 不思議だ..
  • アカジイサン

    いい話だ...
  • 転職活動中で面接に行った

    3回見ると死ぬ絵ってなんやろ
  • アカジイサン

    なんかウルッと来るよね 夏目友人帳にありそうなお話だ