【じわ怖】飛頭蛮

評価 評価 評価 評価 評価


  • 中学生の時の体験。

    私の部屋と父の部屋は、フスマで仕切られている。

    私はいつものように、いつもの時間に寝た。

    深夜、ふと目が覚めた。

    フスマから漏れる光がまぶしかったせいだ。

    また父親がTV付けっぱなしで寝てるのかと思い、
    TVを消しに父の部屋に入ろうとフスマをそっと開けた。



    すると、父親の頭だけが空中に浮き、
    高速で回転しながら部屋をぐるぐる回っていた。

    光はその頭全体から放たれていた。

    顔は笑っていた。

    胴体は布団に横になったままだった。

    あまりの驚愕に声すら出ない。

    なぜか父と目が合ったら殺されると思い、フスマを閉めた。

    AM3:00。

    当然眠れない。隣の部屋からはまだ光が漏れている。

    父が起きる6時まで布団をかぶって、
    稲中卓球部を見つつ気を紛らわす事にした。

    外が明るくなり、6時になった。

    父は起き抜けに1本タバコを吸う。

    その臭いがフスマから漏れて来た。

    恐る恐るフスマを開けた。

    父は私を見て「おはよ」と言った。

    頭は胴体にくっついて、いつもの父親だった。

    安堵と共に涙がでてきた。

    深夜に起こった出来事を話すと、急に嫌悪感まるだしの表情に。

    「そんなデタラメあるわけないだろう。
    朝から馬鹿なこと言ってんじゃない」

    と怒り始めた。

    私は泣きながら何度も

    「首、痛く無い?」

    と聞いたが、怒るだけ。

    その後、父親は特に病気になるでもなく、今も生きている。

    あれはなんだったのだろうか。

  • 評価

  • 飛頭蛮 の評価は
    0.00 /5 point(0人が評価)
    ( 調べ)
    クリックして評価をしよう!
  • コメント

  • コメントはまだ投稿されていません
      飛頭蛮 についての感想や真相の解明など自由にコメントしていってください。お待ちしております。
    • 名前(省略可):
    • 本文:

    • 半角文字列だけの入力はできません。
  • このじわじわ来る怖い話を見た人はこちらも見ています

広告

スポンサードリンク

New

新着コメント