【じわ怖】不気味な現象が起こる家

評価 評価 評価 評価 評価


  • ガキの頃、朝起きたら、火の気がない和室の押入の襖が、
    下30cmぐらい焼けていたことがあった。

    焼けているというより、襖の上紙一枚だけが
    『炙られてめくれてる』というカンジで、
    下から古文書みたいな筆文字がのぞいていた。

    その家は家を建て替えるあいだ
    1年間だけ借りていた古い木造家で、
    他にも不気味な現象が多々あった。





    だいたい家の造り自体が不可解で、
    焼けた押入の奥にも隠し戸のような扉があり、
    扉を開けると6坪ほどの裏庭。

    裏庭には、ここからしか出入りできないようになっていた。

    階段の途中には小さな戸棚があり、
    戸棚の奥は窓もドアもない六畳ほどの真っ暗な板の間。

    この戸棚は気がつくといつも3,4cm開いていて、
    階段を上り下りする足音も昼夜を問わず聞こえた。

    階段を昇った真正面にあるトイレは、
    1畳ぐらいしかないにも関わらず両側にドアがあり、
    どちらからも開かない(鍵がかかっている)ことがしょっちゅう。

    勝手に水が流れたり、
    ペーパーホルダーがカラカラ鳴ったりとかも
    日常茶飯事だった。

    包丁、ハサミ、カッター、ドライバーなど、
    刃物類がしじゅう消えるのも気味悪かった。

    うちの家族は引っ越してすぐ異常に気付いたが、
    親はあえて仲介屋には何も聞かなかったらしい。

    また引っ越すのは金も手間もかかるし
    (賃料がすごく安かったのだそうだ)、
    1年だけのガマンだと思っていたのだと思う。

    だから、この家が事故物件だったのかどうかは判らないが、
    この家は俺らが引き払ってすぐ取り壊された。


    この家に越して半年ぐらい経った頃、
    俺は原因不明の高熱を出して1カ月近く寝込んだ。

    その時、3日続けて同じ夢を見たんだ。

    この家の隣には有名な古い大寺院があったんだけど、
    その奥にある大きな薄暗いカンジの池で、
    友人とボートに乗ってる夢。

    で、池の中央まで来ると、
    なぜかオールが動かなくなる。

    焦って力任せにオールを引き抜くと、
    ずぼっとオールに大量の黒髪がからまってくる……。

    俺、学校でこの話をして、
    友達と寺の奥までに確認に行った。

    でも、池なんかなかったんだ。

    だけど……

    大人になってから、
    俺はたまたま仕事で『江戸の歴史』を調べることになった。

    で、古地図を見てみたら、
    その寺の敷地内に大きな池が描かれてたんだよ。

    俺が調べたところでは、江戸時代、
    その寺には大奥で不始末を犯した奥女中が預けられることがあり、
    その中にはこの池に身投げした人もいるということだった。

    寺と家の関係は判らずじまいなんだけど、
    自分的には何らかの関係があったのかなと思ってる。

  • 評価

  • 不気味な現象が起こる家 の評価は
    0.00 /5 point(0人が評価)
    ( 調べ)
    クリックして評価をしよう!
  • コメント

  • コメントはまだ投稿されていません
      不気味な現象が起こる家 についての感想や真相の解明など自由にコメントしていってください。お待ちしております。
    • 名前(省略可):
    • 本文:

    • 半角文字列だけの入力はできません。
  • このじわじわ来る怖い話を見た人はこちらも見ています

  • 前:思念

    次:綺麗な歌声

広告

スポンサードリンク

New

新着コメント