【洒落怖】マフラー

評価 評価 評価 評価 評価

  • ある小学校に、一年中赤いマフラーをつけている少女がいた。
    ある日、同じクラスの少年がその少女に、
    「おい、何でいつもマフラー着けてるんだ?」
    と聞いた。
    すると少女は、
    「あなたが私と同じ中学校に行ったら、教えてあげる。」
    と言った。
    少女と少年は2人とも受験をせず、同じ中学校に入った。
    同じクラスだった。
    ある日、少年が少女に、
    「約束どおり教えてくれよ。何でいつもマフラー着けてるんだ?」
    と聞いた。

    すると少女は、
    「あなたが私と同じ高校に行ったら、教えてあげる」
    と言った。
    少女は偏差値が高い学校に入り、
    少年も彼女に理由を聞くためだけに受験し、
    同じ高校に入った。
    同じクラスだった。
    入学式の日、少年が少女に、
    「お前、何でいつもマフラー着けてるんだよ?」
    と聞いた。
    すると彼女は、
    「あなたが私と同じ大学に行ったら、教えてあげる」
    と言った。
    2人は偏差値の高い同じ大学に入った。
    同じ学科だった。
    いつしか2人は付き合い始めた。
    仲が良く、ほとんど公認のカップルだった。
    2人は大学を卒業し、同じ会社に就職した。
    やがて結婚し、同じ家で暮らすようになった。
    ある日、男は女に、ふと、何の気なしに、
    「なあ、お前、何でいつもマフラー着けてるんだっけ?」
    と聞いた。
    すると女性は、
    「そうね。そろそろ教えてあげる」
    と言った。
    そして、始めてマフラーを外した。
    すると、
    彼女の首が、ごろん、と床に落ちた。
    男は戦慄し、その場に凍りついた。
    「あなたも、私と同じにしてあげる」
    首が言った。
    そして、赤いマフラーを持った体が動いた。
    次の瞬間、男の首には赤いマフラーが巻かれ、
    「それ」が物凄い力で引っ張られた。
    男の首が千切れた。
    ごろん、と床に落ちるはずの首が、落ちなかった。
    彼の首に青いマフラーが巻かれて、
    分かれた体と首をつなぎ止めていた。
    それからも、もちろん今も、
    赤いマフラーをいつも着けている女性と、
    青いマフラーをいつも着けている男性は、
    同じ家で、いつもと変わらず暮らしている。

  • 評価

  • マフラー の評価は
    0.00 /5 point(0人が評価)
    ( 調べ)
    クリックして評価をしよう!
  • コメント

  • コメントはまだ投稿されていません
      マフラー についての感想や真相の解明など自由にコメントしていってください。お待ちしております。
    • 名前(省略可):
    • 本文:

    • 半角文字列だけの入力はできません。
  • この洒落にならない怖い話を見た人はこちらも見ています

  • 前:葬儀屋

    次:橋渡り

広告

スポンサードリンク

New

新着コメント