【じわ怖】変なものとコンニチハ

評価 評価 評価 評価 評価


  • 大して怖い話でもないし、
    そもそも霊なのか何なのかすらもよくわからない。

    長文になるが失礼させてもらいます。

    俺の家は戦争中に完成した、わりと古い部類に入る。

    今、俺が使っている部屋、親父が使っていた部屋、
    そして祖父ちゃんが使っていた部屋は同じ。





    つまり長男が代々、勉強部屋なり書斎としてなり譲り受けたもの。

    その部屋で親父と祖父ちゃんは、変なものとコンニチハして、
    そいつを撃退しているらしい。

    その変なものとは、窓のところで逆さまになって
    部屋の中をのぞき込んでくる(睨んでくる?)女性の頭。

    女性は一見、短髪に見えたが、
    よく見ると髪が焼けただれた様になって頭皮に張り付いていたと。

    件の部屋は2階だから、外から普通の人間が
    のぞき込んできているということは考えにくい。

    ちょうど机が窓のある壁にピッタリくっついていて、
    下に落としていた視線を上に向けると窓が真ん前に来る。

    そこにそんな生首が現れたら心臓に悪いことこの上ない。

    元日本陸軍技官、当時は某電機メーカーで
    電子機器開発の研究員をやっていた祖父ちゃんは、
    会社の仕事なのか個人研究なのか、
    ある夏、部屋(当時は書斎)で高圧電流を使う実験をしていたらしい。

    ふと手を休めて網戸を張った窓に目をやると、
    その女性の頭が祖父ちゃんをジトォっと睨んでいた。

    普通ならば驚いて悲鳴を上げる、後ろに後ずさるとかする。

    さすが祖父ちゃん、元軍人。

    何を思ったのか、手元にあった電極(ワニ口クリップみたいなやつだと思う)を
    その女性の頭にグイと押しつけたらしい。

    特に悲鳴やバチっという音はならなかったらしいが、
    その女性の頭は一瞬、ビクッとなって落ちていったらしい。

    木に成っていた柿が屋根に落っこちて
    ごろごろ転がるときと同じような音がしたらしい。

    さて、次は親父。

    祖父ちゃんと同じく電気屋になった親父はある夏、
    件の部屋で半田ごてを使って電気工作をしていたらしい。

    ふと手を休めて網戸を張った窓に目をやると、
    件女性の頭が親父を凝視していた。

    普通ならば驚いて悲鳴を上げる、後ろに後ずさるとかする。

    親父は祖父ちゃんから
    この女性の生首の話を聞いていたからなのか、そこまで驚かず、
    手元にあった熱した半田ごてをその女性の頭にグイと押しつけたらしい。

    親父が言うに、焼けてブスっ食い込む感じがしたけれど妙に感触が軽かったと。

    やっぱり女性の頭は落ちていったらしい。

    親父と祖父ちゃん、その生首に遭遇したのは二人とも25歳の夏だったらしい。

    俺にもやってくるなら2年後。

    残念ながら俺は、親父は祖父ちゃんと違って
    電気屋じゃなくて化学屋になってしまった。

    俺は親父が祖父ちゃんみたいな電気技は使えない。

    親父や祖父ちゃんが使っていた机の引き出しに塩基を入れておくか、
    酸を入れておくか、過酸化物を入れておくかに、
    ちょっと真面目に悩んでいる。

    生首の出所についてだが。

    俺の自宅は、戦前からある某大手写真機製造社のすぐそばにある。

    単に一般用のカメラだけじゃなくて、
    偵察機に搭載する航空写真機まで製造していたらしい。

    もちろん学徒動員もされた。

    そして空襲も何度か酷いのがあって、一度、
    うちの近辺に遺体が散乱する事態になったらしい。

    祖父ちゃんや近所に住んでいる高齢者の方は、
    それ以外に化けてでるような心当たりがないと言っている。

  • 評価

  • 変なものとコンニチハ の評価は
    0.00 /5 point(0人が評価)
    ( 調べ)
    クリックして評価をしよう!
  • コメント

  • コメントはまだ投稿されていません
      変なものとコンニチハ についての感想や真相の解明など自由にコメントしていってください。お待ちしております。
    • 名前(省略可):
    • 本文:

    • 半角文字列だけの入力はできません。
  • このじわじわ来る怖い話を見た人はこちらも見ています

広告

スポンサードリンク

New

新着コメント