【じわ怖】老舗のスナック

評価 評価 評価 評価 評価


  • 老舗のスナックでホステスとして働いてたことがあるんだけど、
    裏口を出た辺りでスーッと横切る男性がいるのをたまに見かけた。

    店はビルの3F角で、男性の進行方向は行き止まり。

    そのまま進んだら柵越えて落下してしまう。

    霊だなとすぐ分かったんだけど、不思議と恐怖感が無かった。





    何回か見た後、ママにそのこと尋ねてみたら、

    「それ、○○さん。常連さんだったけど、
    ここのすぐ近くで交通事故で亡くなった人でね。
    携帯が鳴るとよく裏口に出て話してたから、たぶんそうだよ」

    とのこと。

    他にも、入り口ドアが開いてないのに

    「チリンチリン♪」

    とベルの音がしたり、
    (私とママ、霊感強めなお客さん数名にしか聞こえなかった)
    お客様の間に入り込んでる影みたいなのが見えたりした。

    どんな現象が見えたり聞こえたりしても、なぜか全く怖くなくて、
    まるでお盆にご先祖様を迎えてるような気分だった。

    ママが、

    「私も年だし、もうこの店閉めようかとも考えたんだけど、
    懐かしい人が来てくれるからやめられない」

    って言ってた。

    その『懐かしい人』は、死別したママの旦那さん。

    実際会ったことも無いけど、
    ママの視線や表情でこの人だって分かった。

    来た時は、カウンターの隅に水割り作っておいてた。

  • 評価

  • 老舗のスナック の評価は
    0.00 /5 point(0人が評価)
    ( 調べ)
    クリックして評価をしよう!
  • コメント

  • コメントはまだ投稿されていません
      老舗のスナック についての感想や真相の解明など自由にコメントしていってください。お待ちしております。
    • 名前(省略可):
    • 本文:

    • 半角文字列だけの入力はできません。
  • このじわじわ来る怖い話を見た人はこちらも見ています

広告

スポンサードリンク

New

新着コメント