【じわ怖】腕白坊主だった

評価 評価 評価 評価 評価


  • 小学生の時の話。

    学校が終わって友達と下校中。

    俺は道路を歩き、
    友達は枯葉が溜まって
    水の通らないどぶを歩き進んでいた。

    どちらも腕白坊主だったので棒を持ったり、
    石を蹴飛ばしながら帰ってたんだけど
    友達がどぶの枯葉を踏んで粉々にして遊んでいると、
    急に自分の意思と関係なく俺が喋り出した。





    「やめなさい!」

    とか

    「はやくあがりなさい!」

    みたいなことを女口調で友達に注意し始めた。

    何を言ってるのかわからないと思うけど、
    俺もびっくりして訳がわからなかった。

    急に態度が豹変して
    女口調で注意してくる俺を見て、
    友達もポカーンとしてた。

    30秒くらいして体の自由が戻り、友達に

    「なに言ってんだ?」

    とキョトンとした顔で言われたが、
    ありのままを話したら頭がおかしいと思われるな~と、
    ごにょごにょってごまかした。

    未だにあれが何だったのかわからないし、
    原因が解けた訳でもないすっきりしない話です。

    心霊現象とか超常現象とかそういう類は一切信じない人間だけど、
    本当に体に何かが乗り移ったような感覚。

    信じてもらえないのを承知で、
    往年の俺の中の謎の事件を書いてみた。

  • 評価

  • 腕白坊主だった の評価は
    5.00 /5 point(1人が評価)
    ( 調べ)
    クリックして評価をしよう!
  • コメント

  • コメントはまだ投稿されていません
      腕白坊主だった についての感想や真相の解明など自由にコメントしていってください。お待ちしております。
    • 名前(省略可):
    • 本文:

    • 半角文字列だけの入力はできません。
  • このじわじわ来る怖い話を見た人はこちらも見ています

広告

スポンサードリンク

New

新着コメント