【じわ怖】窓の外

評価 評価 評価 評価 評価


  • これは本当にあった話です。

    古い話なので多少間違ってるところがあるかもしれません。

    昭和55年、
    高校生たちがとあるアパートの一室で
    麻雀をしていました。

    1人が何気なく窓の外を見たら、
    女の人が長い髪を振り乱して踊っていました。

    「えっ」と思ったそうです。





    その部屋はアパートの二階、
    座った状態で見える窓の外は空中のはずです。

    そう、女の人は空中で踊っていたのです。

    みんな大騒ぎになりました。

    次の瞬間、躍っていた女の人が飛んできて、
    その部屋の窓ガラスにへばり付きました。

    それは血だらけの幽霊でした。

    部屋の中の人たちはパニック状態に。

    その頃、隣の部屋の住人は、
    隣が騒がしいのでシンナーでもやって騒いでるんだろうと思い、
    その部屋に怒鳴り込んでいきました。

    隣の部屋の住人がドアを開けぱっなしにして入ったため、
    幽霊が入ってきました。

    何人かは窓から飛び降りて逃げました。

    隣の住人は腰が抜けて動けません。

    そして、その幽霊がダレなのかすぐに分かりました。

    その幽霊は、数年前にその部屋で
    小学五年生の男の子に刺し殺された人でした。

    部屋から逃げ出した一人が警察に通報して、
    警察も来て大騒ぎになったそうです。

    次の日、新聞にその幽霊騒ぎが載ってました。

  • 評価

  • 窓の外 の評価は
    4.50 /5 point(2人が評価)
    ( 調べ)
    クリックして評価をしよう!
  • コメント

  • 1:

    名無し

    2019/07/19(金) 15:28:29

    小学五年生の男の子が一番怖かった。

      窓の外 についての感想や真相の解明など自由にコメントしていってください。お待ちしております。
    • 名前(省略可):
    • 本文:

    • 半角文字列だけの入力はできません。
  • このじわじわ来る怖い話を見た人はこちらも見ています

広告

スポンサードリンク

New

新着コメント