【意味怖】サウナ

評価 評価 評価 評価 評価

  • 銭湯に行った。
    あがる前にサウナで一汗かくのがオレの日課だ。
    オレが入って1分くらいで、男が1人入って来た。
    勝負だ。コイツが出るまでオレは出ない。
    これも日課だ。

    10分経過。相手の男は軽く100キロはありそうなデブだった。
    15分経過。滝のような汗を流してるくせに、頑張るじゃないか、デブめ。
    18分経過。ついにデブが動いた。今にも倒れそうな程フラフラになりながらサウナを出ていく。

    オレの勝ちだ!!オレはサウナルームの真ん中でガッツポーズをとった。



    目を覚ますと俺は見慣れない部屋にいた。
    どこかで見たようなオッサンが覗きこんでくる。
    番台にいたオッサンだ。オッサンは言った。

    「私が点検に行ったら君が倒れてたんだよ。ドアにもたれかかるようにして失神していた」

    どうやら熱中症を起こしたらしい。
    少し頑張り過ぎたか。オッサンはやれやれとばかりに

    「君を運ぶのはまったく骨が折れたよ。今度からは気を付けてくれよ」

    俺はオッサンにお礼を言って帰った。ビールでも飲んで寝るとしよう。

    サウナの解説


    この話の前半に出てくる「オレ」と後半に出てくる「俺」は別人物の視点になっている。

    オレ → 最初にサウナに入っていた人物
    俺 → 後からきた100キロの巨体の人物

    フラフラになってサウナから出て行った「俺」
    サウナから出たところでドアにもたれかかって失神してしまった

    「オレ」は我慢比べに勝って意気揚々とサウナから出ようとするもドアが開かない
    ドアの向こうでは「俺」の巨体がもたれかかっているからだ

    番台のオッサンが失神している「俺」に気づいたが、身体が大きいため運ぶのに手間取ってしまう
    そのあいだも「オレ」はサウナの中に閉じ込められてしまっている

    番台のオッサンがサウナの中にいる「オレ」に気づかなかったということはおそらく「オレ」も気絶して身動きが取れなかったのだろう
    少なくとも「俺」が銭湯から帰るまで「オレ」は誰にも気づかれずにサウナの中で放置されている

    笑い話のようにも見えるが現実に起こっても不思議ではないことを考えると恐ろしい話である
  • 評価

  • サウナ の評価は
    4.38 /5 point(13人が評価)
    ( 調べ)
    クリックして評価をしよう!
  • コメント

  • コメントはまだ投稿されていません
      サウナ についての感想や真相の解明など自由にコメントしていってください。お待ちしております。
    • 名前(省略可):
    • 本文:

    • 半角文字列だけの入力はできません。
  • この意味が分かると怖い話を見た人はこちらも見ています

広告

スポンサードリンク

New

新着コメント