【意味怖】カメラの男

評価 評価 評価 評価 評価

  • 「一年前、うちの大学の生徒が無人島で7人全員死んだって事件あったよな?」
    「あぁ、あったな。それがどうした?」

    「実は、その事件の模様を映したビデオがここにあるんだよな~♪」
    「マジで?!」「えぇ~うっそー」「怪しい」「・・・ホントに?」みんなそれぞれ勝手なことを言っている。。。

    「まぁ、とりあえず観てみようぜ~」

    ビデオが再生されると初めは普通の旅行のようだったが、その夜に一人の死体がみつかるとそこからはパニック映画のようだった。みんな震え、怯えている。

    そこから次々と死体で発見されていき、結局はカメラマンと一人の少女が残った。少女は言う。

    「あなたが犯人なんでしょう?!私が犯人なわけないもん!それに、こんな状況でビデオ撮ってるなんておかしいわよ!」
    「違うおれじゃない!これは警察に証拠として、渡すために・・・」

    少女は最後まで話を聞かずに外に飛び出していった。それをすぐ追いかけるカメラの男。
    そこで、急に画面が黒くなり次には無残な少女の死体と首吊り自殺をしたと思われる、カメラの男が映っていた。

    そこでビデオは終わった。 

    カメラの男の解説


    ビデオを止めた者がいるということは、島には8人目の人間、つまり殺人犯がいたことになる。
    では8人目の人間は一体誰だったのだろうか。

    犯人は語り手である主人公だ。
    その理由は最後に首吊り自殺をした男がカメラマンだと分かっているからである。

    基本的に撮影している者が映像に映ることはないのでカメラマンがどんな人物かは分からない。
    しかしカメラマンの顔を知っているということは島にいたからとなる。

    ビデオテープを持ってきた男はどうやって入手したかは不明だが、主人公はビデオを再生しているあいだ気が気ではなかっただろう。
  • 評価

  • カメラの男 の評価は
    3.75 /5 point(12人が評価)
    ( 調べ)
    クリックして評価をしよう!
  • コメント

  • コメントはまだ投稿されていません
      カメラの男 についての感想や真相の解明など自由にコメントしていってください。お待ちしております。
    • 名前(省略可):
    • 本文:

    • 半角文字列だけの入力はできません。
  • この意味が分かると怖い話を見た人はこちらも見ています

広告

スポンサードリンク

New

新着コメント