【意味怖】帰省

評価 評価 評価 評価 評価

  • 「おい、まだかよ?」

    俺は、女房の背中に向かって言った。どうして女という奴は支度に時間が掛かるのだろう。

    「もうすぐ済むわ。そんなに急ぐことないでしょ。…ほら翔ちゃん、バタバタしないの!」

    確かに女房の言うとおりだが、せっかちは俺の性分だから仕方がない。今年もあとわずか。世間は慌しさに包まれていた。俺は背広のポケットからタバコを取り出し、火をつけた。

    「いきなりでお義父さんとお義母さんビックリしないかしら?」
    「なあに、孫の顔を見た途端ニコニコ顔になるさ」

    俺は傍らで横になっている息子を眺めて言った。

    「お待たせ。いいわよ。…あら?」
    「ん、どうした?」
    「あなた、ここ、ここ」

    女房が俺の首元を指差すので、触ってみた。

    「あっ、忘れてた」
    「あなたったら、せっかちな上にそそっかしいんだから。こっち向いて」
    「あなた…愛してるわ」

    女房は俺の首周りを整えながら、独り言のように言った。

    「何だよ、いきなり」
    「いいじゃない、夫婦なんだから」

    女房は下を向いたままだったが、照れているようだ。

    「そうか…、俺も愛してるよ」

    こんなにはっきり言ったのは何年ぶりだろう。少し気恥ずかしかったが、気分は悪くない。俺は、女房の手を握った。

    「じゃ、行くか」
    「ええ」

    俺は足元の台を蹴った。

    帰省の解説


    タイトルの通り一見すると実家へ帰省する話に思えるがこれは一家心中を決行する話。

    翔ちゃんがバタバタしていたのは女房が首を絞めていたから。これ以降、翔ちゃんが登場しないのはそのため。

    義父母はすでに亡くなっていてあの世にいる。たしかに孫の顔が見れるのは嬉しいかもしれないがやはり女房の不安どおり驚くだろう。

    乱れたネクタイを直すような仕草は首吊り用のロープを絞め直していたのだろう。
  • 評価

  • 帰省 の評価は
    3.78 /5 point(14人が評価)
    ( 調べ)
    クリックして評価をしよう!
  • コメント

  • 1:

    名無し

    2016/11/01(火) 16:33:41

    一家心中した家族が義父母の待つ天国へは行けないだろう。運が良ければ子供だけは行けるかもしれんが。

      帰省 についての感想や真相の解明など自由にコメントしていってください。お待ちしております。
    • 名前(省略可):
    • 本文:

    • 半角文字列だけの入力はできません。
  • この意味が分かると怖い話を見た人はこちらも見ています

広告

スポンサードリンク

New

新着コメント

  • B君

    いやまあまあ怖くない?
  • 家族を消して

    本当の家族もクソだった場合は?
  • 不思議な数列

    就寝時間をわざわざターゲットの玄関ドアに記録する馬鹿いんの?
  • 霊感

    なぜ悪霊が憑いているのに無視しろと言ったのか
  • カレンダーの謎

    水銀の味もわかるのかこの母親は ペロッ、これは青酸カリ…!
  • 三人の友達

    続いてすいません。 いきなりですが私取り憑かれたこと六回 あります。あなたはありますか?
  • 三人の友達

    意味解説読むまでわかりませんでした。 他の縦読みで怖い話知ってます。 あまり怖くないですけど(笑)
  • けっこうもてる

    あっ、見たいって多分間違えたわ
  • けっこうもてる

    モテるって持てる見たいWW