【意味怖】見覚えのない人間

評価 評価 評価 評価 評価

  • 終電が過ぎてしまって困っていた。

    「あぁ、どうしよう」そんなことを何度も呟いていた。

    ふと気づくと、目の前に黒いスーツを着た男が立っていた。
    その男は俺と目が合うと驚いた表情をして俺にこう言った。

    「お前さん、この前の・・・」

    俺は考えた。見覚えがない人間にそんなこと言われても。
    10秒間の沈黙があった。何故か俺はただならぬ危機感を感じていた。

    「お前さん、この前の」

    男が再びその言葉を口にしたとき、俺は気づいてしまった。
    俺はその場を駆け出した。必死に走った。

    もう大丈夫だろうと思って後ろを振り向くと男の姿はなかった。
    俺は呟いた。

    「あぁ、どうしよう」

    数日後、俺がその男に殺されたのは言うまでもない。 

    見覚えのない人間の解説


    「お前さん、この前の」にはあるメッセージが隠されている

    「お前3」、「この前」と置き換える

    お前3 → 「お」の3つ前 → 『い』
    この前 → 『け』

    『いけ』、『逝け』となる
  • 評価

  • 見覚えのない人間 の評価は
    2.00 /5 point(21人が評価)
    ( 調べ)
    クリックして評価をしよう!
  • コメント

  • 1:

    名無し

    2016/11/10(木) 14:03:55

    なぞなぞみたいな
    主人公はよく聞いただけで気づいたな!

    2:

    名無し

    2016/11/10(木) 14:05:04

    最後に「の」があるから「いけの」になるんじゃないか?

    3:

    可哀想

    2019/08/27(火) 07:47:25

    なんの恨み?
    何故俺は殺された?

      見覚えのない人間 についての感想や真相の解明など自由にコメントしていってください。お待ちしております。
    • 名前(省略可):
    • 本文:

    • 半角文字列だけの入力はできません。
  • この意味が分かると怖い話を見た人はこちらも見ています

広告

スポンサードリンク

New

新着コメント