【意味怖】教師という仕事

評価 評価 評価 評価 評価

  • 私は教師という仕事にやりがいを感じている。教師になってかれこれ33年になるが、この仕事は人を救うことができるのだ。

    教師になって10年が経った頃、私の人生の転機となる事件が起きた。その事件とは教え子の自殺だ。教え子の死…。

    抑えられない感情が溢れ、私はそのとき自分の役目を知った。それから私は自殺願望者を救う活動を始めた。

    今まで出会った人数は42人。彼らと会話をし、彼らの気持ちを理解し、時には強く説得をした。

    しかし説得が及ばず7人だけ救うことができなかった。非常に残念だ。

    定年まであと4年。

    大変だがやりがいのあるこの活動を教師である間は続けていきたいと思う。

    教師という仕事の解説


    「自殺願望者を救う」というのは自殺をとめるのではなく自殺の手助けを意味している。教え子の自殺で気が狂ってしまったのだろう。

    救えなかった7人はもちろん自殺をさせることができなかったという意味だ。

    ちなみに文章中に出てくる数字を抽出すると「33104274(さっさと死になよ)」となる。作者の遊び心かもしれないが、この教師が自殺の後押しをしていることへの裏付けだと受け取れる。
  • 評価

  • 教師という仕事 の評価は
    4.11 /5 point(18人が評価)
    ( 調べ)
    クリックして評価をしよう!
  • コメント

  • 1:

    猫好き

    2019/08/27(火) 13:23:55

    どうして自殺を進めるんでしょう
    関係ないですけど好きな動物は何ですか

      教師という仕事 についての感想や真相の解明など自由にコメントしていってください。お待ちしております。
    • 名前(省略可):
    • 本文:

    • 半角文字列だけの入力はできません。
  • この意味が分かると怖い話を見た人はこちらも見ています

広告

スポンサードリンク

New

新着コメント