【洒落怖】赤いおんな

評価 評価 評価 評価 評価

  • 中2の時、2階の部屋でカーテン閉めて弟とタバコを吸っていた。
    クソがしたくなったので俺はトイレへ行った。
    そしてトイレから戻ると、弟がカーテンのスキマから外を見ている。
    「どうした?」
    と俺が聞くと
    「兄貴、あの女だ。きっとそうだ」
    という。
    俺がこっそり覗いて見ると、
    赤いセーター・赤いスカート・赤いカバンを持った女が、
    こちらを見ている。
    (カーテンで俺たちは見えるはずがないのに)
    しばらく、こっちを見ているとウチの犬が吠え出した。
    すると女は、スタスタと歩き去っていった。

    あの女とは、、、、、、、
    オフクロは、ダイエットのため隣の家のオバサンと
    夜ウォーキングにいつも行っていた。
    そのオフクロが2日前に青い顔をして帰ってきた。
    「幽霊よ!幽霊!」
    話はこうだ。
    2人が歩き終わり家のそばまで着いた時だ。
    前から男が自転車でとおりすぎた。
    その時、誰もいないハズの後ろから
    「すいません」
    と声が掛かった。
    驚いて振り返ると、そこには
    赤いセータ・赤いスカート・赤いカバンを持った女が立っていた。
    「あの自転車の男が、何度も私の前をとおるんです。
    私恐くて。一緒に家まで行ってくれませんか?」
    と女は言った。
    そこで女性だけでは怖いので、
    隣のおばさんの旦那さんも一緒に行くことに。
    (ウチのオヤジは、まだ帰ってきて居なかった)
    それから、しばらく歩き続けたが一向につかない。
    (近くだと言っていたので、車を使わなかった)
    そして、とうとう最初に女が声を掛けてきた場所に、戻ってきてしまった。
    オフクロが
    「あなた、ここはさっきの場所じゃ~」
    赤いおんなの姿は、どこにもなかった、、、、、、。
    帰ってきたオフクロの話を聞いて、
    俺や弟、オヤジは笑い飛ばしていたが、
    まぁ~隣の夫婦も一緒だったから、ウソではないだろう。
    からかわれたんじゃないの?ってことになった。
    2階の部屋から、女を見た日から3日後。
    俺はイヌの散歩で夜10時ごろ、近所を歩いていた。
    そして、家のそばまで来た時、
    前からおとこが自転車に乗って俺の前を通りすぎていった。
    「すいません」
    この時ほどビックリした事は、14年間生きてきてなかったろう。
    本当に、今の今まで後ろには誰も居なかったのだから。
    おれは、振り向いた。
    そこには、、、、赤いおんなが立っていた。
    女が、何か言う前におれは
    「いやだ!」
    といった。
    すると、おんなは去っていった。
    アレ以来俺も家族も、あの赤いおんなは見ていない。

  • 評価

  • 赤いおんな の評価は
    0.00 /5 point(0人が評価)
    ( 調べ)
    クリックして評価をしよう!
  • コメント

  • コメントはまだ投稿されていません
      赤いおんな についての感想や真相の解明など自由にコメントしていってください。お待ちしております。
    • 名前(省略可):
    • 本文:

    • 半角文字列だけの入力はできません。
  • この洒落にならない怖い話を見た人はこちらも見ています

広告

スポンサードリンク

New

新着コメント