【洒落怖】夢じゃないよー

評価 評価 評価 評価 評価

  • これは親戚の話
    親戚(男)が新築のマンションに一人暮らしをしていたんです。
    この部屋がなんかへん・・・
    ・窓が少なく異常に暗くじめじめしてる
    ・裏が川でその向こうがうっそうとした林の神社
    ・電気が備え付けなのだが暗く、よくチカチカするへんな裸電球
    ・横の部屋の人が、夜中に部屋を飛び出し翌日引越し
    ・・・など
    昼間に一度留守番をしたが、やたらユニットバスが怖く感じました。
    そんな部屋で、親戚が夜遅くまでテレビを見ていたんですけど
    ふと、気づくとテレビが消えている。
    そして自分は誰かに相づちを打って話を聞いていたそうなんです。
    もちろん部屋には誰もいない・・・

    静まりかえった部屋には、かすかにキッチンの換気扇の音が響いている。
    そんなことが数日続けて起こりました。
    とうとう、怖くなり相づちを打つのをやめようとするが、
    止まらない、意識ははっきりしてるのに・・・
    「これは夢だ!夢に違いない!!起きなければ」
    と思ったそのときどこからともなく、
    男の太い声で
    「夢じゃないよー・・・」
    聞こえてきたそうです。

  • 評価

  • 夢じゃないよー の評価は
    0.00 /5 point(0人が評価)
    ( 調べ)
    クリックして評価をしよう!
  • コメント

  • コメントはまだ投稿されていません
      夢じゃないよー についての感想や真相の解明など自由にコメントしていってください。お待ちしております。
    • 名前(省略可):
    • 本文:

    • 半角文字列だけの入力はできません。
  • この洒落にならない怖い話を見た人はこちらも見ています

広告

スポンサードリンク

New

新着コメント