ダークモード

【洒落怖】こっくりさんとテープ

227

1

0

  • ある小学校で4人の子供が死んだ。

    血まみれの文房具が散乱する教室には遺体の他に
    ろうそく、灰になった紙、十円玉、
    テープレコーダー等があった。

    警察では捜査の為、
    テープを検証することになった。

    これはそのテープの内容である。

    「あ、あ~…まわってる?」

    「多分大丈夫」

    「なんか、ホントに知らない人の声入ってたらどうする」


    「やめてよ、気持ち悪い」

    「静かにしろよ、
    見つかっちゃうだろ」

    「そうだね」

    「じゃ、はじめよう!」

    「○ッちゃん、ろうそく」

    「ちょっとまって…はい」

    「火事にならないかな?」

    「大丈夫だって、カーテン閉めてるし、
    先生も帰ったから見つかんないよ」

    「いい?はじめるよ」

    「うん」

    「いいよ」

    「×太、力入れんなよ」

    「入れてないよ、ほら」

    「全員ちゃんと(指)置いて」

    「いい?こっくりさん、こっくりさん、お越しくださいませ、
    こっくりさん、こっくりさん、お越しくださいませ」

    (中略)…以下しばらく、雑談と呼び出しが続く

    「全然動かないよ」

    「おかしいな、
    こっくりさん、こっくりさん、
    おいでになりましたらお返事お願いします」

    「あ!!」

    「動いた!!」

    「『はい』!!」

    「いやー」

    「動いてる動いてる」

    「おれ、力入れてないよ」

    「来た、こっくりさん」

    (中略)…以下しばらく、騒ぐ声と質問が続く

    「もお、いい?」

    「うん」

    「そろそろ帰ろう」

    「こっくりさん、こっくりさん、お帰りください」

    「…ッ!」

    「『いいえ』」

    「こっくりさん、こっくりさん、お帰りください」

    「…また『いいえ』だ」

    「ちょっと、まずいよ、帰ってくれないよ」

    「○木ちゃんどうしよう」

    「こっくりさん、こっくりさん、お帰りください」

    「また!!やだ、やめてよ!!」

    「×西!!おまえだろ、やめろよ」

    「私じゃないよ!!」

    「絶対、(指を)離しちゃ駄目だよ」

    「こっくりさん、こっくりさん、お帰りください」

    「…」

    「こっくりさん、こっくりさん、お帰りください」

    「…」

    「こっくりさん、こっくりさ…」

    「もう、やめろよ!!」

    「(指を)離しちゃ駄目!!」

    「こっくりさん、こっくりさん、
    どうすれば、お帰りくださいますか?」

    「『あ』『ぶ』『ら』『あ』『げ』」

    「そんなの用意してないよぉ!!」

    「どうしよう…」

    「こっくりさん、こっくりさん、
    油揚げはありません」

    「動かない…」

    「こっくりさん、こっくりさん、
    油揚げはありません。
    どうすれば、お帰りくださいますか?」

    「『お』『み』『き』…なにそれ?」

    「わかんない。どうしよう」

    「こっくりさん、こっくりさん、
    オミキはありません。
    どうすれば、お帰りくださいますか?」

    「『こ』『ろ』『す』…うそ…」

    「もう止めろよ!!
    ×西!!おまえだろ、やめろよ」

    「私じゃない!!」

    「もう、やだ」(泣き声)

    「×村!静かにして!!」

    「こっくりさん、こっくりさん、
    許してください。
    もう、おかえりください」

    「こっくりさん、こっくりさん、お帰りください」
    「こっくりさん、こっくりさん、お帰りください」
    「こっくりさん、こっくりさん、お帰りください」
    「こっくりさん、こっくりさん、お帰りください」
    「こっくりさん、こっくりさん、お帰りください」
    「こっくりさん、こっくりさん、お帰りください」

    「…『ひ』『と』『り』」

    「こっくりさん、こっくりさん、
    『一人』なんですか?」

    「…『ひ』…『と』…『り』…『だ』『け』…『つ』…『れ』『て』…『い』『く』」

    「やだ、やだ、やだ!!」

    「(泣き声)」

    「こっくりさん、こっくりさん、お帰りください」

    「まだ、動いてる!!」

    「『ほ』…『か』『は』…」

    「…」

    「『こ』『ろ』『す』」

    「こっくりさん、こっくりさん、許してください」
    「こっくりさん、こっくりさん、お帰りください」
    「こっくりさん、こっくりさん、許してください」
    「こっくりさん、こっくりさん、許してください」
    「こっくりさん、こっくりさん、お帰りください」

    「『いいえ』」

    「もう、いや!!」

    「(指を)離しちゃ駄目!!」

    「もう、知らない!!私帰る!!」

    「離しちゃった…」

    「こっくりさん、こっくりさん、許してください」

    「…動かないよ…」

    「どうしよう、ねえ!どうしよう!!」

    「私、知らないよ!私、しらない!!」

    「やだ、(戸が)開かない!!」

    「鍵かけられちゃったんだ!!!」

    「どうしよう!ねえ、どうしよう!!」

    「こっくりさん、こっくりさん、許してください」

    「いつまでやってんだよ!」

    「だって、帰ってもらわなきゃ!!」

    「窓は!?」

    「こっくりさん、こっくりさん、許してください」

    シャッ(カーテンレールの音)

    「いやあぁぁぁぁ!!!」

    「キャァー!!」

    「こっくりさん、こっくり…」

    テープはここで切れていた。

    もう片面にはなにも録音されていない。

    遺体の状況から、
    各自の手にした血にまみれたカッター、

    定規、縦笛、箒、などから、
    互いに殺し合ったようにも見えた。

    学校では、
    各教室に鍵が取り付けられていたが、
    数年前から、実際に鍵をかけるのは、
    使われていない教室だけになっていた。

    事件当夜も、
    現場となった教室の鍵は開けられたままだった。

    ろうそくは途中で消えており、
    もし、ろうそくの明かりが点いていれば、
    用務員が見回りをする際に気が付いたはずである。

    また、窓には全て鍵がかけられていたが、
    窓の外側には、一つだけ、
    子供のものと思われる、
    血の手形が残されている。

    不思議なことに、
    教室からは四人の遺体が発見されたが、
    遺体のどの指紋もその手形とは一致していない。

    声紋鑑定の結果、
    テープには五人の声が録音されていた。

    教員、生徒に確認をした所、
    テープ中の

    「○ッちゃん」

    と呼ばれる女子生徒を知るものは、
    誰も居なかった。

    この事件の真相は、
    未だ解明されていない。

  • ツイートする

  • この話は怖かったですか?

    怖かった1

  • コメント

  • コメントはまだ投稿されていません
      こっくりさんとテープ についての感想や真相の解明など自由にコメントしていってください。お待ちしております。
    • 名前(省略可):
    • 本文:

    • 半角文字列だけの入力はできません。
  • 前:霊界通信

    次:貧乏神

  • この話を読んだ人はこちらも読んでいます

  • ※既読の話はオレンジ色の下線が灰色に変わります

  • ここで突然心霊写真クイズ!

New

新着コメント

  • テトラポットには乗るな

    >>14 彼女を助けず見捨ててしまったから道連れにされてしまった と推測してみる
  • 遺影の口

    通夜の後で仏さんの顔を拝むと目が一瞬開いたように見えた事があるんだよな。明らかに錯覚だって分かってる
  • 奉納された絵馬

    東北、日本海側在住ですが、数年前に県内の神社に行ったら同じ絵馬がありました。筆跡はバラバラでしたが、
  • 部屋は片付けた方がいい

    文章も片付けた方がいい
  • 女幽霊の髪

    その夫さん、自分の奥さんも友人の彼女さんも好きなのかな。 何だろう、好きだから殺すみたいな。
  • 声がした

    リアルコナンで草
  • 遊泳禁止区域だった海水浴場

    ある程度沖に行くと溺れるって事は、そこら辺で海底に向かって流れる海流でもあるんだと思う。 そういう海
  • かわいい幽霊

    可愛らしい言動の幽霊さんですね。 悪さしてこない幽霊なら会ってみたいなぁとか思う今日この頃です。
  • 年度末のデスマーチ

    皆疲れてて幻覚が見えたんだよきっと(適当)