【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ 6ページ目

  • 並び替え

  • 子供に見えているもの
    旦那の祖父が危篤の時の話。 連絡を受けて私、旦那、2歳の息子とで病院に向かった。 もう親戚の人も来ていて、明日の朝...
    喜怒哀楽のプラネタリウム
    あんまり信用ならん話なんですけど…… 友人がどこからか仕入れてきた話。 結構霊感のある一人の男がいたらしい。 そい...
    無自覚な罪
    母方の祖父母の家は、絵に描いたような田舎である。 小6のときの出来事。 その日は明るいうちから、弟とそこの地元の少年...
    ○○岬の神社
    2年前の夏、友人4人で海に行ったとき、一人が「どうせなら今夜は肝試しをしよう」と言ってきた。 「別にいいよ」と返すと、...
    奇妙な軽トラック
    大学の先輩と行ったドライブ旅行の帰り道。 途中、地図を読み間違えたのか、 近道しようとした俺たちの車はどこかの山...
    誰からも好かれていた母
    私の家族は、自由奔放な父と、明るく誰からも好かれる母。 どこにでもいてる三人家族でした。 あそこに住むまでは。 今...
    消えた友達
    小学生の頃、けっこう手酷くいじめられてた。 その頃のことはあまり思い出したくないんだけど、ちょっと気になることがひとつ...
    自縛
    三鷹駅と東小金井駅の間の、踏み切りでの話。 この話は、この駅の近くにある大学に通う学生が体験した本当の話である。 彼...
    ベランダの落し物
    毎年台風が来ると思い出すのが、会社の寮で一人暮らしをし始めた頃のこと。 台風が直撃するというので、ベランダの物干し竿を...
    哀しい先輩
    俺の職場での話。 俺の職場の先輩は面倒見がいいし、仕事もスゲーってほどじゃないけど確実で、 取引先からも指名で仕事が...
広告

スポンサードリンク

New

新着コメント