【洒落怖】涙の枯れた左目

評価 評価 評価 評価 評価

  • いつの頃からか、左目から涙が出なくなった。
    大学の時の友人に同じ症状の奴がいた。
    子供の頃ふすまの間から恐いものを見て以来、
    片目から涙が出なくなったそうだ。
    俺は恐いもの見た記憶もないし、
    精神的なもんじゃないと思ってた。
    ある日、夜中に腹が減ってコンビニに行った。
    下宿からは踏み切りを越えないと
    コンビニに行けない。
    運悪く踏み切りが閉まっていた。
    時間的に最終電車が通る時間。
    踏み切りを待ってるのは俺一人。
    踏み切りの向こう側は一本道になっている。

    カンカンカン。警笛だけが寂しく響く。
    電車が通過する。
    一分とかからない。
    電車が通り過ぎたが、
    俺はその場に立ちつくした。
    女がいた。
    突然そこに現われたように。
    俺の左目から涙が流れ落ちた。
    女はうつむいている。
    ゆっくりと頭をあげようとしている。
    ミテハイケナイ。
    直感的に感じた。
    振り向きもせずに逃げた。
    多分、俺はあいつの正体を知っている。
    遠い昔に見ている。
    だが、思いだす気にはなれない。

  • 評価

  • 涙の枯れた左目 の評価は
    0.00 /5 point(0人が評価)
    ( 調べ)
    クリックして評価をしよう!
  • コメント

  • コメントはまだ投稿されていません
      涙の枯れた左目 についての感想や真相の解明など自由にコメントしていってください。お待ちしております。
    • 名前(省略可):
    • 本文:

    • 半角文字列だけの入力はできません。
  • この洒落にならない怖い話を見た人はこちらも見ています

広告

スポンサードリンク

New

新着コメント