【洒落怖】女の子の笑い声

評価 評価 評価 評価 評価

  • 昔夜中に女の子の笑い声が聞こえてきた。

    耳元・・・と言うほど近くなかったが、なんとなく耳につく。一体なんなんだ?と思いつつ気になっていると、だんだん声が大きくなってきた。

    そのうち耳元で大きな声で笑い声が聞こえ始める。字に書いたような「きゃははは~~きゃははははは~~!」という感じだった。

    すると、寝ているベッドの周りを走り回る気配。女の子だ。

    ベッドの頭側と左側は壁なので生身の人間とは思えなかった。こえぇ~~~~と思っていると、女の子は不意に立ち止まり、「よかったね~~、よかったねぇ~~」と言い出す。

    いい加減怖いのとイラつくので「何がよかったんだよバカッ!」と心の中で叫ぶと、無言になり私の首に右側から倒れこんできた。そのまま首を圧迫される。

    苦しい!怖い!と、もがき、必死でお経を唱えた。すると、息苦しさは消えたものの、笑い声が耳に残る。

    何とか助かった・・・声も遠のいている。とは思ったものの、なんとなく遠のいていく声が気になり、耳を澄ますと、笑い声がカムバックしてくる。

    おお!これはいけない!帰ってくる!と気付き、必死でほかの事を考えていると、いつの間にか眠りについていた。生まれて初めて命の危険を感じた体験だった。

  • 評価

  • 女の子の笑い声 の評価は
    0.00 /5 point(0人が評価)
    ( 調べ)
    クリックして評価をしよう!
  • コメント

  • コメントはまだ投稿されていません
      女の子の笑い声 についての感想や真相の解明など自由にコメントしていってください。お待ちしております。
    • 名前(省略可):
    • 本文:

    • 半角文字列だけの入力はできません。
  • この洒落にならない怖い話を見た人はこちらも見ています

広告

スポンサードリンク

New

新着コメント