【洒落怖】混乱している

評価 評価 評価 評価 評価

  • 4時過ぎくらいに
    晩御飯の材料を買出しから帰ってきたのな。
    で、俺の住んでいるマンションって8階建てで、
    2階と3階は普通の会社になっている。
    俺の部屋はそんなビルの5階だ。
    で、部屋へ行くときには
    いつもエレベーターを使っているんだけど、
    エレベーターの窓ってあるじゃないか。
    入り口の扉についてるアレ。
    普通はそこから外が見えるんだけど、
    2階と3階は会社のためか、
    エレベーターの扉の外にもう一枚、
    鉄の扉があってそれが目隠しになっていた。
    この扉はエレベータが開くときにしか開かないようになっていた。
    で、今夜はカミさんの誕生日だからご馳走を作ろうと思って、
    材料を買い込んで両手に買い物袋をぶら下げて
    エレベーターに乗ったわけだ。

    俺の他に乗る人も無く、
    まぁ何時もの事だからリラックスした状態で乗ったんだ。
    で、エレベータが動き出して、
    直ぐ位に扉をぼーっと見ていると、
    扉の向こうの風景が上から下へ流れるわけだ。
    普通だけど。
    間もなく、白いワンピを着た髪の長い女の人が
    こっちをみてるのが分かったんだ。
    まぁ、それも普通に上から下へ流れていったわけだ。
    と、次の瞬間にエレベータが止まったんだ。
    大家さんだった。
    そのとき、ふとエレベータの表示盤をみると
    「3階」と表示されていた。
    ・・・部屋に帰ってから思い出して一気に怖くなった。
    女はしっかりと俺を見てた気がするし、
    何より女の背景が黒かった気がする。
    建物の壁は白。
    とすると、女はエレベータの扉と鉄扉の間にいた?
    正直、まだ頭が混乱している。

  • 評価

  • 混乱している の評価は
    0.00 /5 point(0人が評価)
    ( 調べ)
    クリックして評価をしよう!
  • コメント

  • コメントはまだ投稿されていません
      混乱している についての感想や真相の解明など自由にコメントしていってください。お待ちしております。
    • 名前(省略可):
    • 本文:

    • 半角文字列だけの入力はできません。
  • この洒落にならない怖い話を見た人はこちらも見ています

広告

スポンサードリンク

New

新着コメント